「関ジャニ∞」が「100回泣くこと」“恋バナ”で大盛り上がり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月12日 > 「関ジャニ∞」が「100回泣くこと」“恋バナ”で大盛り上がり
メニュー

「関ジャニ∞」が「100回泣くこと」“恋バナ”で大盛り上がり

2013年6月12日 20:42

「関ジャニ∞」と恋愛トークを繰り広げた桐谷美玲「100回泣くこと」

「関ジャニ∞」と恋愛トークを繰り広げた桐谷美玲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「関ジャニ∞」の大倉忠義桐谷美玲が6月12日、主演を務めるラブストーリー「100回泣くこと」の公開を記念し、東京・青山迎賓館でトークイベントを行った。大倉からのサプライズプレゼントとして「関ジャニ∞」のメンバーも駆けつけ、主題歌「涙の答え」を生披露し、会場に集まったおよそ100人の女性ファンを魅了。桐谷も、「感動して泣きそうになっちゃった」と感激しきりだった。

映画を観賞したメンバーの錦戸亮は、「桐谷さん演じる佳美がかわい過ぎて、セリフも切なすぎる。心が洗われた。二日酔いの日に見て、『酔っ払ってる俺、何やねん!』って思った」とツッコミながらも感動。村上信五が「映画が“ピュア・ラブ”を教えてくれた!」と熱弁をふるうと、横山裕も「気づいたら顔がニヤけていた。こんな恋がしたいと思った」と一同は“恋バナ”で大盛り上がり。大倉は、「映画の一番最後にみんなの歌声が後押ししてくれ、最高の余韻になってる。感謝の気持ちでいっぱい」とメンバーに感謝の気持ちを伝えていた。

“恋人の日”であるこの日、教会での結婚式の練習やさり気ないプロポーズのシーンを振り返り、大倉と桐谷は「恥ずかしい」と照れまくり。桐谷は、佳美の熱を下げるために秀一が踊る“解熱の舞”のシーンを述懐し、「衝撃ですよね。それまではすごいクールな方だと思っていたけど、この舞を見た時に『あ、関西の方だ』と思い、すごく楽になった」と裏話を明かした。

中村航の同名小説を原作に、バイク事故で記憶の一部を失った秀一(大倉)と、病に侵された佳美(桐谷)の切ない恋を描く。監督は、「余命一ヶ月の花嫁」「きいろいゾウ」の廣木隆一。「100回泣くこと」は6月22日より公開。

お天気お姉さん DVD-BOX[DVD] お天気お姉さん DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥10,260 “天気”の要素をミステリーの世界に取り入れた新感覚の謎解きドラマ!出演:大倉忠義
ROMES 空港防御システム[DVD] ROMES 空港防御システム[DVD] 最安価格: ¥16,006 「関ジャニ∞」の大倉忠義の連ドラ初主演、安田章大が共演!世界一ROMESシステムに精通した若き天才・成嶋と、信頼関係を築きながらお互い成長していく湾空警備チームの姿をスリリングに描くエンターテインメント・ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi