ザック・スナイダー、スーパーマン75周年記念の短編をプロデュース : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月3日 > ザック・スナイダー、スーパーマン75周年記念の短編をプロデュース
メニュー

ザック・スナイダー、スーパーマン75周年記念の短編をプロデュース

2013年6月3日 09:00

短編アニメで75年の歴史をリスペクト「マン・オブ・スティール」

短編アニメで75年の歴史をリスペクト
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スーパーマンが今年で誕生75周年を迎えることを記念し、米DCエンタテインメントと米ワーナー・ブラザースが、新しいロゴを発表した。これにあわせて、「マン・オブ・スティール」でメガホンをとったザック・スナイダー監督が、短編アニメーションをプロデュースすることも判明した。

現在、製作が進められており、これまでのコミックやアニメ、実写映画で描かれてきたスーパーマンの歴史と伝説にオマージュを捧げる内容になるという。プロジェクトには、アニメ版「バットマン」や「ジャスティス・リーグ」を手がけてきたプロデューサーのブルース・W・ティム、「マン・オブ・スティール」のストーリーボードを担当したジェイ・オリビアらが参加している。7月18~21日に米サンディエゴで開催される映像の祭典「コミコン・インターナショナル」でお披露目された後、秋ごろ一般公開される予定だ。

このほど発表された記念のロゴは、赤い土台の上にスーパーマンのシルエットがブルーでかたどられ、胸元の“S”のマークと“75YEARS”の文字が白く浮かび上がったデザイン。全米で6月12日に発売されるコミック「Superman Unchained(原題)」(ジム・リー画&スコット・スナイダー作)を皮切りに、両社がリリースするスーパーマンの関連商品や作品に今後1年間使用される。

スナイダー監督がメガホンをとり、新鋭ヘンリー・カビルが主人公クラーク・ケント/スーパーマンを演じる「マン・オブ・スティール」では、ナイーブなひとりの青年が、いかにして最強のスーパーヒーローとなったのかを、新たな解釈と斬新な映像で描く。「バットマン」新3部作のクリストファー・ノーランが、製作とストーリー構築を担当した。8月30日から全国公開。

300〈スリーハンドレッド〉[DVD] 300〈スリーハンドレッド〉[DVD] 最安価格: ¥991 伝説的な史実「テルモピュライの戦い」を基に、侵略を目論むペルシア軍の大軍100万人に、たった300人の兵士で立ち向かったスパルタ軍の男たちの勇姿を描いた衝撃の歴史スペクタクル。監督:ザック・スナイダー
スーパーマン コレクション DVDコレクターズBOX[DVD] スーパーマン コレクション DVDコレクターズBOX[DVD] 最安価格: ¥4,860 誰もが知っているアメコミのヒーローを巨費を投じて復活させた超娯楽作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi