三木聡監督と評論家・宇野常寛氏「俺俺」を“キャラクター”視点で徹底分析 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年6月1日 > 三木聡監督と評論家・宇野常寛氏「俺俺」を“キャラクター”視点で徹底分析
メニュー

三木聡監督と評論家・宇野常寛氏「俺俺」を“キャラクター”視点で徹底分析

2013年6月1日 18:20

トークショーを行った三木聡監督と宇野常寛氏「俺俺」

トークショーを行った三木聡監督と宇野常寛氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アイドルグループ「KAT-TUN」の亀梨和也を主演に迎えた最新作「俺俺」が公開中の三木聡監督が6月1日、都内の劇場で評論家の宇野常寛氏とトークイベントを行った。

「ミリタリーマニアの俺」「巨乳の俺」「全身タトゥの俺」など、亀梨が33のキャラクターを演じ分けたことで話題を集める本作。三木監督は、亀梨の“フィジカル”にも感心しきりで「とにかく着替えのスピードも速いし、着替えから戻ってくる時にはすでにキャラクターを変えてくる。同じように見えて、均、大樹、ナオの姿勢は微妙に変えている。“ただやる”ということができる人間」と信頼を置いていた。

オタク系文化をはじめ、サブカルチャーやポップカルチャーに造詣の深い宇野氏は、「周囲の人間をキャラクターとして扱うのがソーシャルメディア。友達の数や『いいね!』の数で、現実の人間関係において見えないものを見えるようにする。そういった生活環境やコミュニケーション環境を批評することを武器として使っているのが『俺俺』では」と指摘。また、「キャラクターは周りにいじられて本領を発揮する。亀梨君の“キャラクターぶり”がプラスに働いた」と評した。

さらに、「ひとことで言うと本作は三木さんの第3ステージ。第1ステージは、『シティボーイズ』的なクスクス笑いをどうフィルムに置き換えていくか。『転々』から『熱海の捜査官』あたりまでの第2ステージは、自己研究、自己批評していくターンだった。そして第3ステージの『俺俺』は、今もっている手法で現代をどう表現していくかということだったと思う」と論じ、三木監督も「まさに」と深くうなずいていた。

平凡な青年・永野均(亀梨)がなりゆきで手を出したオレオレ詐欺をきっかけに、自分の知らない「俺」が増殖し、やがて「俺」同士が互いを削除しあうという異色サスペンス。原作は、大江健三郎賞を受賞した星野智幸の同名小説。

シティボーイズDVD-BOX RETROSPECTIVE-CITYBOYS LIVE! [DVD] シティボーイズDVD-BOX RETROSPECTIVE-CITYBOYS LIVE! [DVD] 最安価格: ¥7,936 大竹まこと、きたろう、斉木しげるの3人からなるシティボーイズの舞台を3公演収めたDVDボックス。「鍵のないトイレ」(1992年)「愚者の代弁者、西へ」(1993年)「ゴム脳市場」(1994年)を収録した3枚組。
転々 プレミアム・エディション[DVD] 転々 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,926 監督・三木聡×主演・オダギリ ジョーという『時効警察』のコンビが贈る、ひとりぼっちの男ふたりの心ほどける東京散歩ムービー!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi