後藤まりこ“食べるだけ”の謎の美女に 「たべるダケ」ドラマ化で初主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月26日 > 後藤まりこ“食べるだけ”の謎の美女に 「たべるダケ」ドラマ化で初主演
メニュー

後藤まりこ“食べるだけ”の謎の美女に 「たべるダケ」ドラマ化で初主演

2013年5月26日 06:00

後藤まりこの神々しい食べっぷりに注目「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

後藤まりこの神々しい食べっぷりに注目
(C)高田サンコ/小学館「月刊!スピリッツ」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「月刊!スピリッツ」(小学館)で連載中の高田サンコ氏による人気コミック「たべるダケ」の実写ドラマ化が決定。歌手でアーティストとしても幅広く活躍する後藤まりこが主人公シズルに扮し、ドラマ初出演で初主演を飾る。

「食」にしか興味のない年齢不詳の謎の美女シズルを中心に繰り広げられる、少し不思議でコミカルな群像劇。さまざまな悩みを抱えた人たちがシズルと出会い、力を貸すわけでも助言するわけでもなく、ただひたすら料理を“食べるだけ”のシズルにひかれ、一緒に食卓を囲むことで悩みが解消されていく。

シズル役の後藤は、2010年に突然解散したハードコアパンクバンド「ミドリ」のボーカルで、現在はソロアーティストとして活動中。昨年、森山未來主演のロックミュージカル「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」へ出演し、今年は宮崎あおい主演の映画「ペタル ダンス」で銀幕デビューも飾っている。

ドラマ出演は初めてで、いきなりの主演に、原作のファンだったという後藤自身「ただただびっくりしています。まさかこうなるとは(笑)」と驚く。それでも、「ドラマはシーンを飛ばして撮影しますし、長い撮影期間も初めてなので多少不安もありますが、いろんなものを食べられるので楽しみです。特に楽しみなのは、はまぐり! 浜辺で焼きたてをじゅわっと食べられるそうなので、やけどしないようにしないと(笑)」と、撮影に向けて気持ちは前向きだ。

演じるシズルは、突如登場し、豪快ながらも神々しい食べっぷりを見せつける、まさにただ“食べるだけ”というつかみどころのない役どころだが、監督から「役になりきろうとするのではなく、自分の中にあるものを出してくれていい」とアドバイスを受けたとのことで、「どうできるかは未知ですが、睡眠を十分にとったり、ゆっくりお風呂に入って、頑張ります! 原作の世界観を壊さず新たなものを作り上げたいと思っています。後藤の食べっぷりにご期待ください!」と意気込んでいる。

昨年公開された「バルーンリレー」で劇場映画デビューした新鋭・藤村享平監督らが演出。7月からテレビ東京で毎週金曜深夜0時52分~1時23分放送。

さよなら、後藤さん。[DVD] さよなら、後藤さん。[DVD] 最安価格: ¥2,515 2010年12月30日に東京LIQUIDROOMでおこなわれた、ミドリのワンマンライブ「さよなら、後藤さん」の模様を映像化!
初体験[DVD] 初体験[DVD] 最安価格: ¥2,515 2009年6月6日に日比谷野外大音楽堂でおこなわれた、『ミドリ、ワンマン、2009春。』追加公演“ライブ!!”の模様を映像化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi