カンヌ星取り評はコーエン兄弟作など優勢 是枝監督作にも高評価 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月24日 > カンヌ星取り評はコーエン兄弟作など優勢 是枝監督作にも高評価
メニュー

カンヌ星取り評はコーエン兄弟作など優勢 是枝監督作にも高評価

2013年5月24日 22:00

コーエン兄弟「Inside Llewyn Davis」キャスト陣「そして父になる」

コーエン兄弟「Inside Llewyn Davis」キャスト陣
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 終盤を迎えた第66回カンヌ映画祭が、ホットなゲイ映画ネタで盛り上がっている。コンペティションに出品されたスティーブン・ソダーバーグの「Behind the Candelabra」とアブデラティフ・ケシシュの「Blue is the Warmest Colour」、ある視点部門の「Stranger by the Lake」がその話題作だ。

ソダーバーグの作品は、実在の天才ピアニストにして奔放な同性愛者として知られたリベラーチェの半生を、きらびやかに描く。リベラーチェに扮したマイケル・ダグラスと年下の恋人役のマット・デイモンのなりきりぶりが見事なほどにハマり印象的だ。特にダグラスは、本作のオファーを数年前に受けていながら、喉頭がんを克服するために撮影を遅らせざるを得なかったという状況があり、会見でも思わず言葉を詰まらせるなど、その思い入れの強さをうかがわせた。

ケシシュの作品はコミックが原作で、10代の少女が年上のレズビアンに誘われ、同性愛に目覚める過程を描いたストーリー。全体的にリアルで瑞々しい感覚の演出だけに、ヒロインふたり(レア・セイドゥと新人アデル・エグザルショプロ)の長く赤裸々なベッドシーンは、いささかトゥーマッチな印象を受ける。アラン・ギロディによる「Stranger by the Lake」は、真夏の湖で出会いを求める男たちの姿を悪夢的なシュールさを交えながら描き、異才ぶりを放った。

現時点でのコンペの星取り評を見ると、高得点なのはコーエン兄弟(「Inside Llewyn Davis」)、ジャ・ジャンクー(「A Touch od Sin」)、アスガー・ファルハディ(「The Past」)。気になる日本映画については、是枝裕和の「そして父になる」が、家族というユニーバーサルなテーマを丁寧な演出で見せたことで評価が高い。特に父と子のエモーショナルな関係は、スティーブン・スピルバーグ審査委員長の好みに合うのではないかとささやかれている。

一方、三池崇史の「藁の楯 わらのたて」は、アクションスリラーというエンタメ系ジャンルが逆に足かせとなったのか、星取りの評価はいまひとつ。映画祭のジェネラル・ディレクター、ティエリー・フレモーは本作のことを「ハワード・ホークス的な偉大な映画」と紹介しているが、フランスの日刊紙リベラシオン紙には辛口の批評が載った。

コンペはこの後、ロマン・ポランスキージェームズ・グレイジム・ジャームッシュらの上映が控えている。(佐藤久理子)

オーシャンズ11・12・13 Blu-rayお買い得パック[Blu-ray/ブルーレイ] オーシャンズ11・12・13 Blu-rayお買い得パック[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥12,333 スティーブン・ソダーバーグ監督が贈るアクション大作。
ゴーイング マイ ホーム DVD-BOX[DVD] ゴーイング マイ ホーム DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥17,237 阿部寛×是枝裕和監督が贈る極上のホームドラマ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi