カンヌ審査員務める河瀬直美監督が衝撃を受けたラストシーンの映画とは… : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月15日 > カンヌ審査員務める河瀬直美監督が衝撃を受けたラストシーンの映画とは…
メニュー

カンヌ審査員務める河瀬直美監督が衝撃を受けたラストシーンの映画とは…

2013年5月15日 14:30

「嘆きのピエタ」の一場面「嘆きのピエタ」

「嘆きのピエタ」の一場面
(C)2012 KIM Ki-dok Film All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月15日(現地時間)開幕の第66回カンヌ映画祭コンペティション部門審査員を務める河瀬直美監督が、第69回ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞作「嘆きのピエタ」のラストシーンに驚嘆している。

韓国の鬼才キム・ギドク監督によるサスペンスドラマ。親の顔を知らず、30年間孤独に生きてきたガンドは、債務者に障害を負わせ、その保険金で借金を返済させる残忍な取立て屋として生計を立てていた。ある日、ガンドを捨てた母だと名乗る謎の女、ミソンが突然現れる。ミソンの深い母性愛により、ガンドの心は次第に変わっていくが、ミソンは突然姿を消してしまう。

映画の最後は、ミソンが姿を消した後にガンドがとる驚くべき行動で締めくくられる。河瀬監督は、「このラストシーンが投げかける問いに、言葉を失ったままただただ、私にこれほどまでの無償の愛が存在するのだろうか…とあれから自問自答し続けている」とコメントを寄せている。

人間のあり方を見つめた作品で世界的な評価を得ている河瀬監督をして「言葉を失った」と言わしめる衝撃のラストシーン。ガンドとミソン、ふたりの壮絶な愛の結末を劇場でしかと見届けてほしい。

嘆きのピエタ」6月15日全国公開。

プンサンケ[DVD] プンサンケ[DVD] 最安価格: ¥3,201 “お前はどっちの犬だ”世界三大映画祭を制したキム・ギドクが突きつける、痛烈なメッセージ!
萌の朱雀[DVD] 萌の朱雀[DVD] 最安価格: ¥2,873 『殯の森』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督の劇場デビュー作で、10年前の同映画祭でカメラ・ドールを受賞した衝撃作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi