北乃きい「普通を演じる難しさ実感」被ばく3世を演じ新境地 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月14日 > 北乃きい「普通を演じる難しさ実感」被ばく3世を演じ新境地
メニュー

北乃きい「普通を演じる難しさ実感」被ばく3世を演じ新境地

2013年5月14日 15:48

「爆心 長崎の空」に主演した北乃きい「爆心 長崎の空」 「爆心 長崎の空」に主演した北乃きい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の北乃きいが5月14日、都内で行われた主演作「爆心 長崎の空」の完成披露試写会に、共演する稲森いずみ柳楽優弥宮下順子、メガホンをとる日向寺太郎監督とともに出席。北乃は祖父母が被ばく体験をもつ大学生を演じ「被ばく3世であることは気にせず、ふだんの生活を送る素直な女の子。普通を普通に演じる難しさを実感した」と新境地ともいえる役柄を語った。

母親を突然亡くした女子大生の門田清水(北乃)と、幼い娘を失った被ばく2世の砂織(稲森)を主人公に、爆心地となった長崎に生きる市井の人々の姿を通して“受難と再生”を描く。長崎原爆資料館長である青来有一氏の連作短編集から、「鳥」「貝」を選び長編映画にまとめあげた。

日向寺監督はデビュー前に、黒木和雄監督の「美しい夏キリシマ」(2002)などで助監督を務め、少年犯罪を描いた「誰がために」(05)、野坂昭如原作の「火垂るの墓」(08)を手がけた社会派。本作の企画を2010年から進め、「原作のエピソードがどれも魅力的で、脚本に時間がかかった」。その翌年3月11日の東日本大震災を機に「3・11以後に作るべき映画とは、どうあるべきか考えた」と振り返った。

稲森は子どもを失った後、再び妊娠し戸惑いと不安に揺れる難役に挑み「悲しみを内に秘めて生きる人が、どういう日常生活をおくるのか……。私なりに悩んだり、考えたことを大切にしながら、役を演じた」と述懐。「長崎の皆さんは、本当に優しかった」とロケ地・長崎での経験を話していた。本編上映を前に、歌手の小柳ゆきが主題歌「ひまわり」を熱唱した。

爆心 長崎の空」は7月13~19日、岩波ホールで先行上映。7月20日から全国公開。

(映画.com速報)
クレオパトラな女たち DVD-BOX[DVD] クレオパトラな女たち DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥11,681 美を求める女性たちに振り回されながら、「美しい人生とは何か?」女性心理の真相に迫るヒューマンコメディ。出演:北乃きい
アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~[DVD] アンフェア the special ~ダブル・ミーニング 二重定義~[DVD] 最安価格: ¥2,963 2作の劇場版「アンフェア」を繋ぐ、北乃きい主演で送る人気ドラマシリーズのスペシャル版。

フォトギャラリー

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報