米ディズニー、メキシコの祝日の商標化を試みるも断念 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月12日 > 米ディズニー、メキシコの祝日の商標化を試みるも断念
メニュー

米ディズニー、メキシコの祝日の商標化を試みるも断念

2013年5月12日 07:30

米ディズニーが商標化を断念した メキシコの祝日「死者の日」

米ディズニーが商標化を断念した
メキシコの祝日「死者の日」
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、メキシコの祝日である「死者の日」の商標化を断念したとロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

ディズニー傘下のピクサーでは、現在「死者の日」にインスパイアされた映画企画が進行中で、仮タイトルは「死者の日」を意味するスペイン語の「Dia de los Muertos」となっていた。映画の公開に備え、ディズニーは米国特許商標庁に「Dia de los Muertos」の商標を申請。玩具やシリアル、ジュエリーといった関連商品の発売に備えた措置だが、メキシコをはじめとするラテンアメリカで伝統的な祝日の名称を独占しようという動きに、インターネットで反対運動が勃発。change.orgでは署名運動が巻き起こり、1万9500人の署名が集まった。

運動を指揮したグレース・セスマ氏は、「われわれのスピリチュアルな伝統はみんなものであり、ウォルト・ディズニー社のような企業が商標化して、搾取するものではない」と説明している。こうした反対運動を受け、ディズニーは商標獲得を断念。タイトル変更を余儀なくされたという。

ディズニーが商標化をめぐって批判を浴びたのは今回が初めてではない。2011年、オサマ・ビン・ラディン殺害が行われた1週間以内に、作戦を実行したアメリカ海軍の特殊部隊ネイビーシールズの「Sealチーム6」の商標化を試みた。しかし、ネイビーシーズル側が商標を申請したため、辞退した経緯がある。

アラジン スペシャル・エディション[DVD] アラジン スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: - 「アラビアンナイト」の物語に出て来る、魔法のランプを手にした若者・アラジンが、愛する人を守るため冒険に挑む姿を描いたファンタジー・アニメーション。
トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット[Blu-ray/ブルーレイ] トイ・ストーリー ブルーレイ・トリロジー・セット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 米ディズニー&ピクサーが贈る、感情を持ったおもちゃたちが繰り広げる冒険と友情を描いた長編フルCGアニメーション。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi