ワーナーとレジェンダリー、共同製作関係にピリオド? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月10日 > ワーナーとレジェンダリー、共同製作関係にピリオド?
メニュー

ワーナーとレジェンダリー、共同製作関係にピリオド?

2013年5月10日 22:45

[映画.com ニュース] 米ワーナー・ブラザースと提携して数々のヒット映画を生み出してきたレジェンダリー・エンタテインメントが、ワーナーと袂(たもと)を分かつことになりそうだと、バラエティ紙が報じた。

トーマス・タルが設立したレジェンダリーは、2005年にワーナーと共同製作・共同出資の契約を締結。以後、「ダークナイト」シリーズや「ハングオーバー」シリーズなどの計32作品を共同で手がけてきた。ワーナーにとってレジェンダリーは共同出資パートナーにすぎないが、発言権のアップと独自ブランドの確立を目論むレジェンダリーとは近年関係が悪化している。一方、レジェンダリーは、独自出資作品を増やしており、「42」や「The Seventh Son」は100%、「パシフィック・リム」と「Godzilla」は75%出資している。

ワーナーにはもうひとつのパートナー、Village Roadshowが存在する。今後、レジェンダリーはユニバーサルとタッグを組むのではないかとみられている。

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ハングオーバー! 消えた花...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ハングオーバー! 消えた花...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 結婚前夜祭に参加した4人の男たちがラスベガスで酔いの勢いに任せて体験する、ぶっ飛んだ2日間を描く。
【初回数量限定生産】ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回数量限定生産】ダークナイト トリロジー ブルーレイBOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 鬼才クリストファー・ノーラン監督が、放つアクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi