ベン・アフレック監督次回作はデニス・ルヘイン「夜に生きる」映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月9日 > ベン・アフレック監督次回作はデニス・ルヘイン「夜に生きる」映画化
メニュー

ベン・アフレック監督次回作はデニス・ルヘイン「夜に生きる」映画化

2013年5月9日 10:57

次回作はギャング映画「夜に生きる」

次回作はギャング映画
Photo by Jason Merritt/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 監督第3作「アルゴ」でアカデミー賞作品賞を含む3部門を制したベン・アフレックの次回監督作が、米作家デニス・ルヘインのギャング小説「夜に生きる(原題:Live by Night)」の映画化に決定したと米Deadlineが報じた。すでにプリプロダクションに入っており、今夏のクランクインを目指しているという。

アルゴ」と同じく米ワーナー・ブラザースのプロジェクトで、アフレックはプロデュースと脚本、主演を兼ねる。その他のキャストは未定。アフレックがルヘイン原作を映画化するのは、07年の監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(原作「愛しき者はすべて去りゆく」)に続き2度目となる。

昨年10月に刊行された「夜に生きる」は、ルヘインの前作「運命の日」(08)の続編にあたる。禁酒法時代末期のボストンを舞台に、市警幹部の息子ながらギャングの手下になった主人公ジョーと対立組織のボスの情婦との恋、やがて起きる抗争、そしてギャングたちの生きざまを描く。

【初回限定生産】アルゴ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】アルゴ ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - ベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めたサスペンス。
ザ・タウン[DVD] ザ・タウン[DVD] 最安価格: ¥927 強盗多発地区ボストンのチャールズタウンで、強盗グループのリーダーに収まっている男がある女性と激しい恋に落ちたところから、仲間との狭間で揺れ動く様と追及の手を緩めないFBIとの攻防を描くクライムアクション!ベン・アフレックが監督・脚本・主演と一人3役こなした作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi