渡辺謙、スコセッシ監督×遠藤周作原作「沈黙」映画化に出演へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月8日 > 渡辺謙、スコセッシ監督×遠藤周作原作「沈黙」映画化に出演へ
メニュー

渡辺謙、スコセッシ監督×遠藤周作原作「沈黙」映画化に出演へ

2013年5月8日 12:26

「沈黙」映画化に出演する渡辺謙「アメイジング・スパイダーマン」

「沈黙」映画化に出演する渡辺謙
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日米で活躍する俳優の渡辺謙が、巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の長編小説「沈黙」を映画化する「サイレンス(原題)」に出演することがわかった。米バラエティによれば、イッセー尾形の出演も決定したという。

スコセッシ監督が長年にわたり温めてきた念願の企画で、主人公の宣教師ロドリゴを「アメイジング・スパイダーマン」のアンドリュー・ガーフィールドが扮する。渡辺が演じることになるのは、その通訳の日本人。撮影地は台湾を予定しているが、日本が舞台のためイッセーのほか多くの日本人キャストが起用されることになるという。

同作は、スコセッシ監督が「クンドゥン」(1997)の次回作として企画していたが、15年以上もクランクインにいたらず、昨年8月にはプロデュースを手がける製作会社チェッキ・ゴーリ・ピクチャーズから訴えられる局面を迎えていた。それでも、スコセッシ監督が今年1月に次回作で「沈黙」を手がけると公言したことにより、大きく舵を切った。

渡辺にとっては、ハリウッド版ゴジラとしてリメイクされる「GODZILLA」(ギャレス・エドワーズ監督)に続く海外作品となる。同作でどのような役どころを演じるか現時点では未定だが、「サイレンス(原題)」とともに、今後の動向から目が離せない。

遠藤の代表作「沈黙」は、キリシタン禁制が敷かれた17世紀の日本を舞台に、ポルトガル人司祭の苦悩を描いている。撮影は、14年7月の撮入を目指す。

天切り松 闇がたり[DVD] 天切り松 闇がたり[DVD] 最安価格: ¥3,175 大正・昭和・平成と激動の時代を生き抜いた伝説の大泥棒「天切り松」が語る、自分がかかわった忘れられぬ人たちの物語をドラマ化。出演:渡辺謙
ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット[Blu-ray/ブルーレイ] ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,462 オスカー受賞作『ディパーテッド』など数々の傑作で知られる世界的巨匠、マーティン・スコセッシ監督が初めて3Dでの撮影に挑んだ本格ファンタジー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi