ハリウッド発のクラウドファンディング企画第2弾が登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年5月1日 > ハリウッド発のクラウドファンディング企画第2弾が登場
メニュー

ハリウッド発のクラウドファンディング企画第2弾が登場

2013年5月1日 07:00

コメディ俳優のザック・ブラフ「終わりで始まりの4日間」

コメディ俳優のザック・ブラフ
Photo by Stephen Lovekin/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ヴェロニカ・マーズ」の映画版がクラウドファンディングで大成功したことを受けて、はやくも第2弾が登場したと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

コメディ俳優のザック・ブラフは、自ら脚本を執筆した「Wish I Was There」の映画化を実現するために、米クラウドファンディング大手のキックスターターに出品した。同作は、デビュー作「終わりで始まりの4日間」に次ぐ監督第2弾として企画され、ブラフは主演・脚本・監督を目指している。同じく主演・脚本・監督を手がけた前作「終わりで始まりの4日間」は制作費250万ドル(2億5000万円)という低予算映画だったにも関わらず、世界興収で3580万ドル(約35億円)を達成。そのため監督第2弾となる「Wish I Was There」の実現は容易に思われたが、ブラフによれば出資者からさまざまな妥協を求められたという。

キックスターターに投稿された動画のなかで、ブラフはこう説明する。「この企画に出資しようという人はたくさんいましたが、連中は自分の投資を守るために、編集権を求めてきました。また、映画のキャスティングをコントロールしようとしたのです」

これでは自分が望む映画を実現できないと思ったブラフは、クラウドファンディングの力を借りる決意をしたのだという。制作日記(10ドル)やキャラクター命名権(7000ドル)、出演権(11万ドル)などの予約販売を開始。目標額は200万ドル、制限日数は30日だが、すでに1日目に100万ドルを突破しており、インディペンデント映画としての実現は確実といえそうだ。

終わりで始まりの4日間[DVD] 終わりで始まりの4日間[DVD] 最安価格: ¥1,229 感情を押し殺して生きてきた売れない役者の青年が、天真爛漫な少女サムと出会い、次第に心を開いていくラブコメディー。
ヴェロニカ・マーズ〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス 1[DVD] ヴェロニカ・マーズ〈ファースト・シーズン〉 コレクターズ・ボックス 1[DVD] 最安価格: ¥4,994 高級住宅街ネプチューンで暮らし、私立探偵事務所を始めた父を手伝う女子高生、ヴェロニカ・マーズを描く青春ミステリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi