佐藤浩市が会見「オヤジの死に顔、三國の威厳があった」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月15日 > 佐藤浩市が会見「オヤジの死に顔、三國の威厳があった」
メニュー

佐藤浩市が会見「オヤジの死に顔、三國の威厳があった」

2013年4月15日 15:06

会見に応じた佐藤浩市「美味しんぼ」

会見に応じた佐藤浩市
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 4月14日死去した名優・三國連太郎さんの息子で俳優・佐藤浩市が15日、都内で主演ドラマの制作発表後に会見した。「死に目には立ち会えなかった」とうつむき、「オヤジの死に顔を見て悲しいと思わなかった。この数年で一番凛と見えた。三國の威厳があった。不思議で感慨深く涙は出なかった」と話した。

1年ほど入院していたという。「90歳だからいつ知らせがきてもいいと覚悟していた」。おとといの夜から様態が悪化し、きのう14日午前9時18分に急性心不全で死去したと報告した。「苦しむことなく他界したと聞いています」。

「父が言っていた。死んでも誰にも知らせるな、密葬で、戒名もいらない、骨は散骨してくれ、三國のまま逝くんだと。あの人は役者・三國のままで生きたんだなと思います」。

1996年公開の映画「美味しんぼ」の親子役や、近年ではおととしの映画「大鹿村騒動記」で共演、メディアの前で仲良い姿を見せることもあった。佐藤は「世間一般の父親ではなかった」と言いながらも、偉大な父の死を悼んだ。

「今月の頭にニューヨークロケへ行くので、病院の近くに寄ったんで見に行った。たわいもない会話をしました」。それが最後になったという。(映画.com×文化通信.com)

大鹿村騒動記[DVD] 大鹿村騒動記[DVD] 最安価格: ¥3,756 長野県下伊那郡大鹿村─300年以上に渡って伝統の村歌舞伎を守ってきた人たちの、悲喜こもごもを描いた群像劇。日
釣りバカ日誌スペシャル[DVD] 釣りバカ日誌スペシャル[DVD] 最安価格: ¥4,104 三國連太郎演じる社長で釣り好きのスーさんと、西田敏行演じる平社員で釣りと妻をこよなく愛するハマちゃんが繰り広げるコメディ作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi