「EXILE」USAのライフワーク“DANCE EARTH”が劇場映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月11日 > 「EXILE」USAのライフワーク“DANCE EARTH”が劇場映画化
メニュー

「EXILE」USAのライフワーク“DANCE EARTH”が劇場映画化

2013年4月11日 13:08

ダンス映画に出演した「EXILE」のUSA「DANCE EARTH BEAT TRIP」

ダンス映画に出演した「EXILE」のUSA
[拡大画像]

[映画.com ニュース]人気グループ「EXILE」のUSA(宇佐美吉啓)が4月11日、都内で行われた主演映画「DANCE EARTH BEAT TRIP」の完成披露試写会に、メガホンをとった佐藤徹也監督、ナレーションを務めるロバート・ハリス氏とともに出席した。

映画は2008年から自身が主宰し、「ダンスは世界の共通語」だとするダンスプロジェクト“DANCE EARTH”の活動を追ったドキュメンタリー。USA本人が、スペインのイビザ島、タンザニア、ケニア、バリ、ジャマイカ、米シカゴを旅し、ダンスを通して地域の人々と交流する姿を捉えた。「旅を通して、人生のリズムを乗りこなすのがテーマ。映画化はとてもうれしいし、自分にとって“DANCE EARTH”はライフワークなので、今後も表現を続けていきたい」と抱負を語った。

タイトルである「DANCE EARTH BEAT TRIP」については、「サーファーが世界中の波を求めてサーフトリップするように、僕は世界にあふれるビートを求めて“旅”をしている」と説明。シカゴで行われたダンスバトルにも果敢に挑み「周りからは『EXILEのメンバーなんだから、わざわざ誰かと競わなくても』と言われるけど、旅先では看板を外したひとりの人間なので。負けることも楽しいし、成長するためには必要なこと」と熱く語った。

また、ハリス氏が自身の放浪記を記した著書「エグザイルス」に刺激を受けたと明かし、「何者にもとらわれない自由な世界放浪が、僕にインスピレーションを与えてくれた」。バリ島で体験した戦士の踊りや、インドでの現地の子どもたちとの交流、ケニアで出会った80歳の現役ダンサーなど劇中のエピソードを振り返りながら「日本に帰ってくれると、旅先で得た影響がEXILEのダンスに反映されることも。人生もダンスも、自分の感性を大切にしたい」と語っていた。

DANCE EARTH BEAT TRIP」は5月18日から大阪・TOHOシネマズなんばでの1週間限定公開を皮切りに、全国順次公開される。

宇佐美吉啓【USA/EXILE】 ダンスアース[DVD] 宇佐美吉啓【USA/EXILE】 ダンスアース[DVD] 最安価格: ¥540 EXILEのパフォーマー、USAの大ヒット書籍「ダンスアース」完全版がDVDとして登場。
EXILE LIVE TOUR 2004 ‘EXILE ENTERTAINMENT&...[DVD] EXILE LIVE TOUR 2004 ‘EXILE ENTERTAINMENT&...[DVD] 最安価格: ¥4,635 全国ツアー「EXILE LIVE TOUR 2004 ‘EXILE ENTERTAINMENT’」から、2004年7月11日に横浜アリーナで行なわれた最終公演の模様を収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi