「新・午前十時の映画祭」昨年度対比121%の動員で好調スタート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月10日 > 「新・午前十時の映画祭」昨年度対比121%の動員で好調スタート
メニュー

「新・午前十時の映画祭」昨年度対比121%の動員で好調スタート

2013年4月10日 14:00

あの名作をスクリーンで鑑賞する絶好の機会「冒険者たち(1967)」

あの名作をスクリーンで鑑賞する絶好の機会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 不朽の名作をリバイバル上映する「新・午前十時の映画祭」が、4月6日から全国42劇場で始まり、オープニング2日間の動員が、昨年の「第三回午前十時」対比で121%の4450人という好調な滑り出しを切った。

「午前十時の映画祭」は、往年の名作を映画館のスクリーンで上映する企画として2010年にスタート。フィルム上映の激減を受け第3回で終了予定だったが、映画ファンの支持により、本年度からは高品質デジタル上映(DCP)に切り替え、「新・午前十時の映画祭」として継続が決定。過去3回の映画祭で人気の高かった作品に加え、新たな作品もラインナップし、合計25作品を1年間にわたって上映する。

42劇場をA、B、Cの3つのグループに分け、それぞれ「冒険者たち(1967)」、「フォレスト・ガンプ 一期一会」(94)、「タワーリング・インフェルノ」(74)の上映で開幕。TOHOシネマズ六本木ヒルズの筒井支配人は、デジタル上映になったことで「(フィルムのかけ替えがなく)スクリーンでの個別上映がしやすく、複数回上映の機会が増えることがプラスに転じている。次回の『ローマの休日』は再上映作品だが今回は2週間で約2倍の動員を目標にしている」という。

4月6~7日は全国的に悪天候に見舞われたが、TOHOシネマズ上大岡の神谷支配人によれば、「劇場全体の来場者が落ち込んでいるなか、『午前十時の映画祭』は入りが良かったと思う」。今回から1作品について2週間上映になったことについても、「お客様の中には『急がなくても大丈夫!』という意識も生まれているようだ」と好意的に受け止められている。

冒険者たち[DVD] 冒険者たち[DVD] 最安価格: ¥1,141 3人の男女の愛と友情を描いたロマン溢れる冒険譚。フランソワ・ド・ルーベの音楽も印象深い。
フォレスト・ガンプ 一期一会[Blu-ray/ブルーレイ] フォレスト・ガンプ 一期一会[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 アメリカの激動する歴史を駆け抜けた、トム・ハンクス演じる青年フォレストの青春を温かい感動で描き、アカデミー賞作品賞ほか6部門を受賞した映画史に残る不朽の名作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi