錦戸亮&堀北真希がアニメに!「県庁おもてなし課」本編に登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月8日 > 錦戸亮&堀北真希がアニメに!「県庁おもてなし課」本編に登場
メニュー

錦戸亮&堀北真希がアニメに!「県庁おもてなし課」本編に登場

2013年4月8日 07:00

掛水と多紀がパラグライダーで高知全土を見渡す!「県庁おもてなし課」

掛水と多紀がパラグライダーで高知全土を見渡す!
(C)2013 映画「県庁おもてなし課」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「関ジャニ∞」の錦戸亮と女優の堀北真希が、出演映画「県庁おもてなし課」(三宅喜重監督)の劇中で、アニメーションのキャラクターになっていることがわかった。この映像を手がけたのは、「映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)」の監督を務めた寺本幸代。錦戸演じる掛水史貴と堀北扮する明神多紀が、パラグライダーに乗り自然あふれる高知県を見下ろし、観光立国となった地元へ思いをはせる印象的なシーンだ。

寺本監督は、2005年から「ドラえもん」テレビシリーズに演出として参加し、07年に「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険」で監督デビュー。今作では、海・山・川に囲まれ一大レジャーランドになった高知の上空を、掛水と多紀が楽しげに飛行する姿を描いた。三宅監督からは「実写に近づけるようなタッチではなく、より絵的な、イメージ的な映像にしたい」という要望があったといい、「キャラクターも背景も、あまりリアルにならないよう心がけました。原作の表紙の雰囲気に近いものになったのではないかと思います」と語っている。

アニメパートは約40秒が挿入されているが、三宅監督は「主人公が自分のふるさとに自信を持ち始め、いろいろな夢、妄想を膨らませていく様子をファンタジックに表現するためにアニメーションを使用しました」と説明。映像の出来栄えについても、「登場人物のキャラクターを十分に生かした、ファンタジックでほほ笑ましいものに仕上がったので、とても気に入っています」と太鼓判を押している。

錦戸にとって約3年ぶりに単独で映画主演を務める今作は、有川浩氏の人気小説が原作。高知県庁に実在する、観光促進を目的とした「おもてなし課」に所属する若手職員・掛水が、柔軟な発想力をもつアルバイトの多紀、伝説の元県庁職員・清遠和政(船越英一郎)らの強力を仰ぎながら、高知の観光売り出しに奔走する姿を描く。

県庁おもてなし課」は、5月11日から全国で公開。

犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~ DVD-BOX[DVD] 犬を飼うということ ~スカイと我が家の180日~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥13,666 崩壊寸前の家族が犬を飼うことで再生していく姿を描いた、錦戸亮、水川あさみ主演のホームドラマのBOX。
堀北真希 Castella DVD[DVD] 堀北真希 Castella DVD[DVD] 最安価格: ¥1,702 映画やドラマなどで活躍する堀北真希の素顔の魅力が詰まったイメージ映像作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi