仏新鋭監督、問題作「カレ・ブラン」で描く歪んだ世界と愛の物語 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月5日 > 仏新鋭監督、問題作「カレ・ブラン」で描く歪んだ世界と愛の物語
メニュー

仏新鋭監督、問題作「カレ・ブラン」で描く歪んだ世界と愛の物語

2013年4月5日 13:40

メガホンをとったジャン=バティスト・レオネッティ監督「カレ・ブラン」

メガホンをとったジャン=バティスト・レオネッティ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「カレ・ブラン」とは、フランス語で白い四角、数字のゼロを意味する。フランスの新鋭ジャン=バティスト・レオネッティ監督は、長編デビュー作を「カレ・ブラン」と名付け、人間が“ゼロ”すなわち無へと向かう近未来のディストピアを生みだした。思考と感情が完全に統制された社会のなかで、レオネッティ監督が描きたかったものとは何だったのか。

カレ・ブラン」では、時代や国といった背景は描かれていない。スクリーンに映し出されるのは、人間が“社畜”と“家畜”に大別され、社畜が家畜を管理する世界だ。生物学的弱者は生きる場所を奪われ、追いやられた家畜は人肉として社畜の食事となる不条理が繰り返される。

「この時代の映画には、物語性と視覚的ビジュアルが共存していました。でも、私にとって最も重要だったのは、この時代の作品が持つ“パラノイア(偏執性)”です。『マラソンマン』『コールガール』『コンドル』『大統領の陰謀』『時計じかけのオレンジ』『ソイレント・グリーン』『ローラー・ボール(1975)』といった“パラノイア”について語った作品が、私の基礎を築いてくれました。だから、初監督作品がこの方向へ進むのは自然だったのです」

類まれなディストピアを描くにあたり、レオネッティ監督は世界や国家といった巨大な単位ではなく、ひとつの組織という小さなシステムに焦点を絞った。「この映画には警察や軍隊は登場しない。権威がどこに存在するのかはっきりとはわからない。『カレ・ブラン』の中では、最大の敵は自分自身、あなた自身なのです」と内面に巣くう恐怖をあぶり出す。「私たちは常に監視されている時代に生き、恐れている。でも何を恐れているのでしょうか? これはこの作品の最も重要な問いかけです。映画を見ている人は、主人公が完全な監視の下に暮しているということがわかってくると、恐怖心が芽生える。自分を恐れ、過去・未来を恐れる。このような人間の心理こそが、本物のファシズム、警察や軍隊のいない近代的ファシズムだと思うのです」

しかし、本作は暗黒世界とそのシステムを糾弾するだけの映画ではない。幼少期から思想教育を施され冷え切っていた夫婦が、生か死の瀬戸際で愛と自由を選択するラブストーリーでもある。この世界では、不条理に気付いてしまった人間は死を選ぶが、夫婦が抑圧と死を超えた愛にたどり着き、希望となる。「このような悲惨な世界で、愛の物語を伝える以外に希望を示す手段はありません。主人公がこの世界を生き抜く方法は、妻を愛し続けることができるという能力なのです。夫婦は一緒にいようと決断する。これは小さな希望ではなく、とても大きな希望です。この映画の最も重要な部分で、私たちは彼らが触れ合う姿を目撃しなければいけないのです」

カレ・ブラン」は、4月6日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開。

時計じかけのオレンジ[DVD] 時計じかけのオレンジ[DVD] 最安価格: ¥927 他人の悲劇を自分の楽しみとする反逆児アレックスの姿を、スタンリー・キューブリックが見事に描いた作品。
大統領の陰謀[DVD] 大統領の陰謀[DVD] 最安価格: ¥982 ウォーターゲート事件を暴いた2人の新聞記者たちの取材活動を克明に描く、ダスティン・ホフマン、ロバート・レッドフォード共演で贈る珠玉のサスペンス映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi