ももクロ、恐竜とコラボ 「WALKING WITH DINOSAURS」ダイナソーサポーターに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年4月2日 > ももクロ、恐竜とコラボ 「WALKING WITH DINOSAURS」ダイナソーサポーターに
メニュー

ももクロ、恐竜とコラボ 「WALKING WITH DINOSAURS」ダイナソーサポーターに

2013年4月2日 06:00

ももクロちゃんが恐竜とコラボだZ!!

ももクロちゃんが恐竜とコラボだZ!!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が、今夏日本に上陸するアリーナエンタテインメントショー「WALKING WITH DINOSAURS(ウォーキング ウィズ ダイナソー)」を応援する「ダイナソーサポーター」に就任した。

「WALKING WITH DINOSAURS」は、英国BBC制作の人気ドキュメンタリー番組をもとに、恐竜の誕生から絶滅までの物語を、実物大の恐竜を駆使して繰り広げるエンタテインメントショー。姿かたちはもちろんのこと、皮膚の質感までこだわって作られた10種類20体の実物大恐竜は、最先端のアニマトロニクス技術で手足や目の動き、瞬きといった細かな動きまで再現。観客の目の前を闊歩し、時にはエサをめぐって弱肉強食の戦いを繰り広げる。

2007年1月にオーストラリアで初演されて以降、北米、ヨーロッパ、アジアなど世界各国で大ヒットを記録。日本でも10年に全国7都市で63公演が開催され、チケット37万枚がソールドアウト。初演から6年間で34カ国237都市をまわり、800万人を動員しているエンタテインメントが今夏、2度目の日本上陸を果たす。

そんな“メガトン級”エンタテインメントショーを盛り上げる「ダイナソーサポーター」に就任したももクロは、「『恐竜』って、いろんな世代からも愛されている存在だと思うので、これからどんな風にコラボレーションできるのかとても楽しみで、ワクワクしています」とコメント。ももクロと恐竜がコラボするテレビスポットが4月中旬から放送予定で、「これからたくさん勉強して、『恐竜』のカッコ良さや楽しさを皆さんによく知ってもらえるように、ダイナソーサポーターとしてしっかり伝えていけたらと思っています。2010年夏、37万人を動員して爆発的な人気イベントとなった『ウォーキング ウィズ ダイナソー』がこの夏帰ってくるので、みんな見に来てねーーー!!!」と、元気いっぱいに意気込んでいる。

「WALKING WITH DINOSAURS」は7月から8月にかけて、全国6都市66公演を開催(横浜公演=横浜アリーナ 7月12~15日/名古屋公演=日本ガイシホール 7月18~22日/大阪公演=大阪城ホール 7月25~28日/埼玉公演=さいたまスーパーアリーナ 8月1~7日/福岡公演=マリンメッセ福岡 8月15~18日/広島公演=広島グリーンアリーナ 8月22~25日)。

チケットは全席指定・税込でSS席1万500円、S席8400円、A席6300円、B席4200円(別途子ども料金あり)。各プレイガイドで先行受付中。一般発売は4月20日から。

ももクロ秋の2大祭り「男祭り2012-Dynamism-」&「女...[Blu-ray/ブルーレイ] ももクロ秋の2大祭り「男祭り2012-Dynamism-」&「女...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥8,165 2012年10月5日に東京・日本武道館で行われ、女性ファンを熱狂させた「ももクロ秋の二大祭り~女祭り2012~」と、2012年11月5日に同じく東京・日本武道館で行われ、男性ファンを熱狂させた「ももクロ秋の二大祭り~男祭り2012~」を収録。
『ももクロChan -Momoiro Clover Z Channel-』~飛び出す...[DVD] 『ももクロChan -Momoiro Clover Z Channel-』~飛び出す...[DVD] 最安価格: ¥19,631 アイドルユニット「ももいろクローバー」に密着した、テレ朝動画にて配信のバラエティ番組『ももクロChan』のDVD化第2弾!

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi