天才子役クワベンジャネ・ウォレスちゃん、将来は「歯医者さんになりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月28日 > 天才子役クワベンジャネ・ウォレスちゃん、将来は「歯医者さんになりたい」
メニュー

天才子役クワベンジャネ・ウォレスちゃん、将来は「歯医者さんになりたい」

2013年3月28日 21:45

将来の夢を語ったクワベンジャネ・ウォレス「ハッシュパピー バスタブ島の少女」

将来の夢を語ったクワベンジャネ・ウォレス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ハッシュパピー バスタブ島の少女」で第85回アカデミー賞主演女優賞に史上最年少でノミネートされたクワベンジャネ・ウォレスちゃんが3月28日、第5回沖縄国際映画祭のコンペティションPeace部門の公式上映で舞台挨拶に立った。

社会から隔絶された「バスタブ」と呼ばれる小さなコミュニティーで暮らす少女ハッシュパピーが、重病の父親と沈みゆく「バスタブ」を救うために奮闘する姿を描き出す。新鋭ベン・ザイトリン監督によるインディペンデント作品ながらも、サンダンス映画祭やカンヌ映画祭で絶賛され、第85回アカデミー賞では主演女優賞をはじめ主要4部門でノミネートを果たした。

現在9歳のクワベンジャネちゃんは、日本の印象を「アメリカとは違うけど気に入ったわ。沖縄はとてもキレイ」と満喫中。昨日は芦田愛菜ちゃんとともに舞台挨拶に登壇し、「私の1歳下でとても優しい子。友だちになれてうれしい」と喜んでいた。

撮影当時6歳だったクワベンジャネちゃんは、ザイトリン監督を「お兄ちゃんのような存在。たまにイラっときちゃうけどね。撮影中は私が監督を“ビッグバディ”、監督が私を“リトルバディ”と呼んでいたけど、私の背が伸びたから今は名前が逆転したの」と仲睦まじげ。ビヨンセやオプラ・ウィンフリーらスーパースターに演技を絶賛され「ショッキング。自分が特別なものになった気がする」と照れ笑い。MCから「天才!」と呼ばれたが、「天才だとは思わないけど、あなたがそう思うなら」と余裕の表情だった。さらに、「将来は歯医者さんになりたい。女優業をあきらめるつもりはないけど」と意外な夢を明かすと、会場からは温かい拍手が送られた。

第5回沖縄国際映画祭は、30日まで開催。「ハッシュパピー バスタブ島の少女」は、4月20日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi