「図書館戦争」アナザーストーリー「図書館mini戦争」が配信・放送 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月27日 > 「図書館戦争」アナザーストーリー「図書館mini戦争」が配信・放送
メニュー

「図書館戦争」アナザーストーリー「図書館mini戦争」が配信・放送

2013年3月27日 10:30

映画本編では描かれない小さな日常を描くサイドストーリー「図書館戦争」 映画本編では描かれない小さな日常を描くサイドストーリー
(C)“Library Wars” Movie Project / Angle Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有川浩氏のベストセラー小説を岡田准一榮倉奈々の共演で実写映画化した「図書館戦争」の公開に先立ち、アナザーストーリーとなる「図書館mini戦争」が配信、放送されることがわかった。

図書館戦争」は、国家によるメディアの検閲が正当化された日本を舞台に、良書を守るために戦う「図書隊」の若者たちの恋や成長を描くエンタテインメント。「図書館mini戦争」は、映画本編も手がけた佐藤信介監督が、学生時代から活動している映像製作レーベル「Angle Pictures(アングル・ピクチャーズ)」の創作の1つとして行なったプロジェクトで、自らの最新作である「図書館戦争」とコラボレーション。映画本編にも登場する寺田伽藍が演じる結衣と、枡木亜子が扮する亜子の2人の図書館業務員を中心に、図書館内で起こる“日常の小さな戦争”を描くアナザーストーリーになっている。冨田佳輔水上剣星らが図書館利用者として共演している。

佐藤監督は「僕はふだん、映画製作のかたわらで、自主的に、短いサイレント映画を作っていました。サイレント映画というのは、映像とセリフの文字でつづられる最小の映画です。今回、『図書館戦争』の舞台となった図書館で、この小さな作品をつくりました。映像と、文字でつづられる小さな『読む』映画で、『図書館戦争』のピュアな空気を味わってください」とコメントを発表。アングル・ピクチャーズ内特設サイト(http://toshokan-mini.anglepic.com)で3月25日から前半が公開されているほか、WOWOWで4月1日から5月5日まで放送される「徹底解剖!映画『図書館戦争』の世界 Love篇」「同 Action篇」の「Love篇」としてもオンエアされる(「Action篇」は映画本編の見どころナビ番組)。

図書館戦争」は4月27日から全国公開。

図書館戦争 Blu-ray BOX(劇場版映画公開記念パッケージ)[Blu-ray/ブルーレイ] 図書館戦争 Blu-ray BOX(劇場版映画公開記念パッケージ)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥22,140 公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された架空の現代日本を舞台に、不当な検閲から本を守ろうとする図書隊員たちの戦いと日常を描いたラブコメ・アクション。
ラッキーセブン DVD-BOX[DVD] ラッキーセブン DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥14,990 東京・北品川の小さな探偵事務所を舞台にした青春群像劇。探偵事務所の7人のメンバーが、チームワークで案件を解決していく姿を描く。シリーズ構成:佐藤信介

レビュー利用規約に同意の上、コメント投稿する

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
採用情報