新「スター・ウォーズ」受諾はスピルバーグの勧めとJ・Jが告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月26日 > 新「スター・ウォーズ」受諾はスピルバーグの勧めとJ・Jが告白
メニュー

新「スター・ウォーズ」受諾はスピルバーグの勧めとJ・Jが告白

2013年3月26日 11:04

新「スター・ウォーズ」監督を引き受けたJ・J・エイブラムス「スター・ウォーズ」

新「スター・ウォーズ」監督を引き受けたJ・J・エイブラムス
写真:Press Association/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ エピソード7」の監督を引き受けたヒットメーカーのJ・J・エイブラムスが、その経緯を英映画誌エンパイアに打ち明けた。

昨年秋にルーカスフィルムから打診を受けたときは、「『スター・トレック イントゥ・ダークネス』の制作にどっぷりつかっているので、考えることすらできなかった」と反射的に固辞。しかし、作業を終えたころに、再度アプローチがあり、「キャスリーン・ケネディ(社長)と出会い、話し合いを始めたら、いつのまにか打ち合わせになっていたんだ」と語る。

新「スター・ウォーズ」の監督という重責を担うにあたり、エイブラムスは恩師スティーブン・スピルバーグに相談したという。「スティーブンが積極的に勧めてくれたんだ。面白いことに、『スター・ウォーズ』のことを相談したら、スティーブンは既にすべてを把握していたんだよ」

どうやら「スター・ウォーズ」の新監督の選考をめぐり、ジョージ・ルーカスは盟友スピルバーグと相談をしたうえで、エイブラムスにラブコールを送っていたようだ。「スター・ウォーズ エピソード7」の準備を開始したいまの心境を、エイブラムスは以下のように語っている。

「再びこんなものを見たいという飢えのようなものを感じていて、これは新しいプロジェクトを始めるにあたり素晴らしいスタートだと思う。ぼくの作る映画はそれぞれまるで違っているけれど、なにか素晴らしいことが待ち受けているに違いないという感覚は、どの作品の時にも感じたものだからね」

エイブラムスの最新作「スター・トレック イントゥ・ダークネス」の日本公開は8月23日。

パーソン・オブ・インタレスト〈ファースト・シーズン〉 コンプリー...[Blu-ray/ブルーレイ] パーソン・オブ・インタレスト〈ファースト・シーズン〉 コンプリー...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,666 高度な犯罪予知システムを使う天才プログラマーと最強の元CIA工作員が、未来に起こる凶悪犯罪を制裁する、全米新作No.1に輝いた大ヒット犯罪予知アクション!製作総指揮:J.J.エイブラムス
FRINGE/フリンジ コンプリート・シリーズ[Blu-ray/ブルーレイ] FRINGE/フリンジ コンプリート・シリーズ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 科学を背景に、思いもよらない組み合わせの3人が不可解な事件の謎を解いていくサスペンス・ドラマ。製作総指揮:J.J.エイブラムス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi