桐谷健太、NHKドラマ初主演で“男芸者”を演じる「自分にはない繊細さを感じた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月21日 > 桐谷健太、NHKドラマ初主演で“男芸者”を演じる「自分にはない繊細さを感じた」
メニュー

桐谷健太、NHKドラマ初主演で“男芸者”を演じる「自分にはない繊細さを感じた」

2013年3月21日 17:30

NHKドラマで初主演を務めた桐谷健太と共演の蓮佛美沙子

NHKドラマで初主演を務めた桐谷健太と共演の蓮佛美沙子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 岐阜県を舞台にしたBSプレミアムドラマ「父の花、咲く春 岐阜・長良川幇間(ほうかん)物語」の完成記者会見が3月21日、東京・渋谷のNHKで行われ、同局ドラマに初主演した桐谷健太と、ヒロインを演じる蓮佛美沙子が出席した。

幇間とは、宴席の「間を幇(たす)ける」男芸者のこと。かつては舞伎とともにお座敷には欠かせない存在だったが、現在は岐阜市にひとり、全国でも数人が活動しているだけになっている。桐谷はかつて幇間だった父親を探す旅に出る青年を演じ、自身もドラマの中で幇間の舞いを披露しており、「自分にはない繊細さを、幇間さんという存在から感じた」と述懐した。

父親を知らずに育った次郎(桐谷)は、入院中の母親から渡された一枚の写真を頼りに、伝説の幇間だったという父親・梅次を探すことに。たどり着いた芸妓舞妓が暮らす“置屋”には、美しい芸妓の梅花(蓮佛)や置屋の女将らが、悲しみを背負いながらも笑顔で暮らしていた。

親子愛を描く内容に、桐谷は「自分のおかんに対する思いや、親父への気持ちが素直に(演技に)出たんちゃうかなと思う。やりきった感もあり、今はとても透明な気持ち」と確かな手応え。「自分が次郎という役を作るだけじゃなく、次郎が自分を作ってくれた」としみじみ語った。一方、芸妓役に挑んだ蓮佛は「難しい役どころだったが、衣装やメイクで自然と気持ちが変わることに気づき、日本の文化の計算された美しさを改めて実感した」と振り返った。

「父の花、咲く春 岐阜・長良川幇間(ほうかん)物語」はBSプレミアムで、4月3日午後10時放送。

アウトレイジ ビヨンド[DVD] アウトレイジ ビヨンド[DVD] 最安価格: ¥2,462 アウトレイジ(極悪非道)たちのクライマックスの物語。出演:桐谷健太
黄金を抱いて翔べ 初回限定 コレクターズ・エディション(2枚組)[DVD] 黄金を抱いて翔べ 初回限定 コレクターズ・エディション(2枚組)[DVD] 最安価格: ¥734 ベストセラー作家・高村薫のデビュー作を井筒和幸が豪華キャストで映画化!出演:桐谷健太

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi