大沢たかお、犬ぞりに悪戦苦闘!ツンドラ地帯で“迷子”に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月18日 > 大沢たかお、犬ぞりに悪戦苦闘!ツンドラ地帯で“迷子”に
メニュー

大沢たかお、犬ぞりに悪戦苦闘!ツンドラ地帯で“迷子”に

2013年3月18日 16:00

北極での撮影を振り返った大沢たかお

北極での撮影を振り返った大沢たかお
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の大沢たかおが3月18日、東京・渋谷のNHK放送センターで行われた「大沢たかお 神秘の北極圏 -光と闇の旅-」の完成会見に出席した。

昨年、NHKと英BBCが共同制作した「フローズン プラネット 最後の未踏の大自然」で、夏の南極を旅した大沢が今回選んだのは、もうひとつの極地である北極の大地。今年1月下旬から数回に分けて、カナダから北欧、北極海へと渡って北極圏を旅し、10数年に1度しか見ることができない“オーロラの大爆発”や、4カ月ぶりに訪れる夜明けが幻想的に空と大地を包む“ブルーライト”と呼ばれる現象を体験した。

大沢は「季節の違いもあって、真冬の北極は南極以上に過酷。すぐに足が冷たくなり、立っていられないほど。貴重で特別な経験になった」と氷点下40度にもなる土地での撮影を述懐。大沢本人がオーロラを求めて、カナダのツンドラ地帯で犬ぞりを走らせたといい「レクチャーは1分くらいで(笑)、止まり方も教わらず出発したが、10匹の犬たちが突然逆走したり、あげくの果てに迷子になったり……」と悪戦苦闘。それだけに「空全面にオーロラが広がり、大地を照らし、雪を輝かせていた。本当に雄大で美しかった」とオーロラとの対面に感激しきりだったという。

また、北極圏・スバールバル諸島では、冬眠から目覚めたホッキョクグマと遭遇し「僕が特攻隊長になって(笑)、ライフルを持ったガイドさんと近づいた。ものすごい巨体ですし、走ると時速60キロもある。恐怖と極寒を感じながらも、至福の時間だった」と目を輝かせた。

大沢たかお 神秘の北極圏 -光と闇の旅-」は3月31日放送のプロローグ「北極 もうひとつのフローズンプラネット」を皮切りに、第1夜「奇跡のオーロラ大爆発」(4月13日OA)、第2夜「幻想の夜明けブルーライト」(4月20日OA)がBSプレミアムで放送される。

おおかみこどもの雨と雪 DVD[DVD] おおかみこどもの雨と雪 DVD[DVD] 最安価格: ¥3,836 結婚・出産・子育てを通じて女性として成長していく花と、“おおかみこども”として生まれ自らのアイデンティティに悩みながら明るく生きる姉弟との家族の絆を描く感動作。出演:大沢たかお
続・星の金貨 DVD-BOX[DVD] 続・星の金貨 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥18,960 耳と口が不自由な女性が、持ち前の強い精神力とバイタリティーで愛に生きる姿を描いたラブストーリーの感動の続編が待望のDVD化!出演:大沢たかお

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi