作曲家E・モリコーネがクエンティン・タランティーノ監督を批判 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月18日 > 作曲家E・モリコーネがクエンティン・タランティーノ監督を批判
メニュー

作曲家E・モリコーネがクエンティン・タランティーノ監督を批判

2013年3月18日 15:00

作曲家のエンニオ・モリコーネ「ジャンゴ 繋がれざる者」

作曲家のエンニオ・モリコーネ
写真:ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] セルジオ・レオーネ監督作の映画音楽などで知られるイタリア人作曲家エンニオ・モリコーネが、「イングロリアス・バスターズ」「キル・ビル」ほかで楽曲を提供したクエンティン・タランティーノ監督について、「今後、一緒に仕事をするつもりはない」と批判したことが明らかになった。

もちろんタランティーノ監督は以前からモリコーネを敬愛しており、自身が偏愛するジャンルであるウエスタンに挑戦した最新作「ジャンゴ 繋がれざる者」(上映中)にも、ドン・シーゲル監督、クリント・イーストウッド主演の「真昼の死闘」(70)の挿入曲含め、数曲のモリコーネ作品を使用している。

ところが、この「ジャンゴ 繋がれざる者」にいたる経緯がモリコーネの不興を買ったようだ。米ハリウッド・レポーター誌が伊メディアのニュースとして報じたところによれば、モリコーネはローマのLUISS大学での講義の最中に「今後いっさいタランティーノと仕事をするつもりはない」とコメント。そして、「『ジャンゴ 繋がれざる者』用に曲を作ってほしいと言われたが、時間に余裕がなさすぎたので断った。すると、彼は私の既存の楽曲を使ったんだ」と立腹の理由を明かした(なお、サントラに収録されているエリーザが歌う「アンコラ・キ」はモリコーネが同作に書き下ろした新曲だと言われているが、その背後関係は不明)。

さらに、「タランティーノの音楽の使い方には一貫性がない」「そんな人間とはどうにもやりようがない」「『ジャンゴ 繋がれざる者』は見たが、好みではない。血が多すぎる」と批判を繰り広げたという。

イングロリアス・バスターズ[DVD] イングロリアス・バスターズ[DVD] 最安価格: ¥927 クエンティン・タランティーノ監督×ブラッド・ピット主演で放つ戦争アクション!
真昼の死闘[DVD] 真昼の死闘[DVD] 最安価格: ¥927 メキシコでひと儲けを企む流れ者のホーガンは、尼僧のサラを無法者から助けたことから一緒に旅をすることになる。クリント・イーストウッド、シャーリー・マクレーン共演で贈る娯楽ウエスタン。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi