「桐島」でブレイク必至の山本美月、女優として決意新た : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月16日 > 「桐島」でブレイク必至の山本美月、女優として決意新た
メニュー

「桐島」でブレイク必至の山本美月、女優として決意新た

2013年3月16日 16:15

吉田大八監督と山本美月「桐島、部活やめるってよ」

吉田大八監督と山本美月
[拡大画像]

[映画.com ニュース] モデルで女優の山本美月が3月16日、東京・タワーレコード新宿店で行われた出演作「桐島、部活やめるってよ」DVD&ブルーレイ発売記念イベントに、メガホンをとった吉田大八監督とともに出席した。

3月8日に発表された第36回日本アカデミー賞で、最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀編集賞の3部門受賞という吉報に、山本は「思い残すことがないくらい、いい結果。現場でも他の監督さんから『正直悔しい』と言われるほど」と誇らしげ。本格的な女優デビュー作でもあり「今後はこれを超えられるように頑張っていきたい。ハードルがかなり上がってしまいましたが……」と女優としての決意を新たにした。

直木賞作家・朝井リョウ氏の同名小説を原作に、学内のスター的な存在である“桐島”が部活を辞めるというニュースに翻ろうされる生徒たちの日常を描く。山本は桐島の恋人・梨紗を好演し、「最初は監督から、『もっとかわいくしろ』『それじゃ全然かわいくない』ってよく言われていました」と述懐。それでも「だんだん、監督が私たち出演者のお父さんみたいな存在になっていた」と明かした。

一方、吉田監督は「かわいくないなんて言ったっけ?」ととぼけながらも、「とても気持ちが強い。共演者を引っ張る場面もあった」と本作でブレイク必至の山本を評価。日本アカデミー賞受賞の感想を求められると、「まあ、周りから『おめでとう』って言われます」と自然体だ。公開直後から「映画の中に、桐島は登場していたのか?」と質問されるといい、「撮っている間は、気にもしなかった。それでも皆さんに大きな疑問として残ったのなら、こちらから正解は絶対言わないほうがいい」と語った。

桐島、部活やめるってよ」DVD&ブルーレイは発売中。

桐島、部活やめるってよ[DVD] 桐島、部活やめるってよ[DVD] 最安価格: ¥2,923 早稲田大学在学中に第22回小説すばる新人賞を受賞した朝井リョウのデビュー作を映画化した青春群像劇。出演:山本美月

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi