巨匠ミヒャエル・ハネケ監督パロディツイッターの“中の人”が明らかに : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月15日 > 巨匠ミヒャエル・ハネケ監督パロディツイッターの“中の人”が明らかに
メニュー

巨匠ミヒャエル・ハネケ監督パロディツイッターの“中の人”が明らかに

2013年3月15日 12:07

パロディアカウントが人気のハネケ監督「愛、アムール」

パロディアカウントが人気のハネケ監督
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 昨年末から今年にかけての賞レースの最中にTwitterを賑わせていた、オーストリアの巨匠ミヒャエル・ハネケ監督を自称するパロディアカウントの“中の人”が自ら名乗り出た。

ハネケ監督の最新作「愛、アムール」(上映中)は、カンヌのパルムドールを皮切りに各賞を制覇し、第85回アカデミー賞外国語映画賞を獲得して賞レースを終えた。昨年11月頃から始まった英語による同アカウント(@Michael_Haneke)は、およそ本物のハネケ監督からはかけ離れたキャラクターで、猫画像をアップし、テレンス・マリック監督やベン・アフレックをおちょくり、文末は必ず「lol(爆笑)」で締めくくる。パロディであることは周知の事実だったが、面白いアカウントとして評判を呼んでいた。

英ガーディアン紙によれば、このほど同アカウントの“中の人”として名乗り出たのは、英ロンドン在住の28歳、英情報サイトShortList.comのエディター、ベンジャミン・リー。リーは、「あくまでもハネケ監督への尊敬と称賛の念から始めたことで、侮辱するつもりはいっさいなかった。このアカウントがそれなりに人気を得たということは(3万人を超えるフォロアーがいる)、読む側も悪意を感じなかった証拠だと考えている」と振り返った。

なお、ハネケ監督も同アカウントの存在については知っているようだが、1月のゴールデングローブ賞授賞式の際には「(ヴェネツィア映画アカデミーの)学生から、変なツイッターがあるとは聞いている。だが、その種のものには興味はないよ。自分の領域ではない」と話していた。

白いリボン[DVD] 白いリボン[DVD] 最安価格: - 第一次大戦前夜のドイツ北部のとある村を舞台に、次々と起こる不可解な事件と、そこで暮らす人々の心の中に潜む悪意や憎しみを鮮烈に描いた、ミヒャエル・ハネケ監督が贈るミステリー・ドラマ。
ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX1[DVD] ミヒャエル・ハネケ DVD-BOX1[DVD] 最安価格: - カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞したミヒャエル・ハネケの初期作品、「セブンス・コンチネント」「ペニーズ・ビデオ」「71フラグメンツ」の3作品を収録したDVD-BOX第1弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi