「ジャーニー」ドキュメンタリーで明かされるボーカル・ピネダの壮絶な過去 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月13日 > 「ジャーニー」ドキュメンタリーで明かされるボーカル・ピネダの壮絶な過去
メニュー

「ジャーニー」ドキュメンタリーで明かされるボーカル・ピネダの壮絶な過去

2013年3月13日 12:30

「ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」の一場面「ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」

「ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」の一場面
(C)2012 Everyman's Journey, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年で結成40年を迎える、アメリカの伝説的ロックバンド「ジャーニー」を追ったドキュメンタリー「ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」の本編映像が公開された。現在、リードボーカルを務めるアーネル・ピネダや家族のインタビューを中心に、ピネダの幼少期の過酷な生活と夢を実現させるまでの軌跡をたどる。

現在、約4年ぶりのジャパンツアーを敢行している「ジャーニー」。1973年にサンフランシスコで結成され、「オープン・アームズ」などの名曲を生みだし、アメリカを代表するバンドへと成長。メンバーの脱退や解散という危機に直面するも、メンバー交代を行いながら困難を乗り越えてきた。07年には、ギタリストのニール・ショーンが、無名だったフィリピン人シンガーのピネダによるカバー映像をYouTubeで発見し、ピネダを新ボーカルとして迎え再スタートを切った。

本作は、「イメルダ」(04)のラモーナ・S・ディアス監督がメガホンをとり、波乱の道を歩んだバンドと40歳でアメリカンドリームをつかんだピネダの実像に迫る。今回公開された本編映像では、ピネダの口から路上生活、別離を経験しながらも音楽で家族を養ってきた過去が語られる。さらに、若き日のステージ映像や、世界的ロックバンドのメンバーとしてステージに立つようになったピネダの臨場感あふれるライブ映像が盛り込まれ、歌うことの喜びを忘れない不屈の精神を感じることができる。

また、ピネダはバンドのボーカルに抜てきされた当時を振り返り、「まるでおとぎ話だよ。現実感がなくてずっと夢を見ているみたい」と心境を明かした。メンバーの一員として世界を回り、「世界一恐ろしい仕事だよ。最高に刺激的だけどやっぱり恐ろしい。僕が相手にするのは何百万人というジャーニーの大ファンだからね」と成功を手にしても、真しな姿勢で音楽と向き合う姿がうかがえる。

ジャーニー ドント・ストップ・ビリーヴィン」は、3月16日から全国で公開。

グレイテスト・ヒッツ・DVD[DVD] グレイテスト・ヒッツ・DVD[DVD] 最安価格: ¥2,426 アメリカのロックバンド“ジャーニー”の代表曲のビデオ・クリップを収録したベスト・クリップ集。
イメルダ[DVD] イメルダ[DVD] 最安価格: ¥2,745 20年間もの間、フィリピン共和国のファーストレディーとして政治を操り、贅の限りをつくしたイメルダ夫人が、自らの人生を語ることを承諾した世界初のドキュメンタリー。監督:ラモーナ・ディアス

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi