小島慶子、1年ぶりレギュラーラジオ 憧れのANNに登板「光栄」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月13日 > 小島慶子、1年ぶりレギュラーラジオ 憧れのANNに登板「光栄」
メニュー

小島慶子、1年ぶりレギュラーラジオ 憧れのANNに登板「光栄」

2013年3月13日 15:30

1年ぶりのレギュラー担当に意気込む小島慶子

1年ぶりのレギュラー担当に意気込む小島慶子
(C)文化通信
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 元TBSアナウンサーのタレント・小島慶子が、1年ぶりにラジオ番組のレギュラーパーソナリティーを務める。ニッポン放送(LF)で「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」(4月3日~水曜午後10時)が始まることになり3月12日、都内の同局で行われた発表会見に出席。かつてオールナイトニッポン(ANN)のヘビーリスナーだったと明かし、「感慨深く、嬉しく、光栄」とガッツポーズで意気込んだ。

テレビ、雑誌など活躍の場を広げる小島。本拠地・ラジオのレギュラーパーソナリティーを務めるのは、昨年3月に終了したTBS「小島慶子 キラ☆キラ」以来。LFの編成局長から「ご存じのとおりの“ラジオ・モンスター”ぶりを、いかんなく発揮してもらいたい」と大きな期待をかけられた。夜のラジオは2002年以来で11年ぶり、初の一人しゃべりとなる。

小島は、ANNとともに青春を過ごしたひとり。「ラジオといえばLFだった。中学、高校時代は、夜10時から明け方まで聞いて、睡眠不足になりながら学校に行っていた」と懐かしげ。「それで知識を得たとかはないかもしれないけれど、なにかモヤモヤした思いを、笑いや素敵な曲が癒してくれた」と笑顔を見せた。

昨年4月に一夜だけ同番組に登場。「(変わらないテーマ曲)『ビタースウィート・サンバ』を聞いて泣いてしまって……。それくらいラジオに助けられていたんだなと再確認した」と照れ笑い。4月からは毎週、同曲を聞くことになる。「リスナーと信頼関係を築けたら。10年後、あの番組を聞いていたよと思い出に浸ってもらえるような番組にできれば嬉しい」と意気込んだ。

LF愛、ANN愛を語りつくし、TBSに入社した経緯については「ラジオに出ようとは思っていなかった。テレビに出たかったけれど、入ったところにラジオがついてきたの」と笑わせていた。(映画.com×文化通信.com)

オードリーのオールナイトニッポン[DVD] オードリーのオールナイトニッポン[DVD] 最安価格: - 幅広い層から絶大な支持を受ける芸人オードリーが出演している人気ラジオ番組「オールナイトニッポン」の生放送を完全DVD化。
笑福亭鶴光のオールナイトニッポンDELUXE 鶴光でおまっ![DVD] 笑福亭鶴光のオールナイトニッポンDELUXE 鶴光でおまっ![DVD] 最安価格: - 昭和のラジオ全盛期から深夜放送のDJを続けている、笑福亭鶴光の魅力がつまった“ラジオ”テイストのDVD作品。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi