寺島咲、閉館間近の銀座シネパトスは「思い出の映画館」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月10日 > 寺島咲、閉館間近の銀座シネパトスは「思い出の映画館」
メニュー

寺島咲、閉館間近の銀座シネパトスは「思い出の映画館」

2013年3月10日 23:30

トークショーを行った樋口尚文監督と寺島咲「インターミッション」

トークショーを行った樋口尚文監督と寺島咲
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 公開中の映画「インターミッション」の樋口尚文監督と出演の寺島咲が3月10日、まもなく閉館を迎える老舗映画館・銀座シネパトスでトークイベントを行った。

3月31日に閉館する銀座シネパトスを題材に、同館最後のロードショーを飾る作品。震災の影響で取り壊されることが決定した銀座の古い映画館を舞台に、支配人のクミコ(秋吉久美子)と個性的な客たちが織りなすドラマを描く。秋吉をはじめ、染谷将太香川京子竹中直人佐野史郎ら個性的なキャストが集まった。

寺島は、「シネパトスはシネコン以外で初めて来た映画館で、私にとっても思い出のある映画館。舞台挨拶でもお世話になっている映画館なので、参加できてうれしかった」と挨拶。そして、「手作り感あふれる現場でみんな映画が好きで作っている感じ。映画に対する愛が伝わってくる映画で、この場所自体がそういう雰囲気を作り出している」と感慨深げだった。

本作で初メガホンをとった映画評論家の樋口監督は、冒頭に登場する重要な役どころに「咲ちゃんしかいないと思った。咲ちゃんは大林宣彦監督の秘蔵っ子。なかなかきっかけがなかったけど、大林監督から『素敵な長岡の花火を一緒に見に行きませんか』というお誘いがまんまときて、花火を見ながら素敵な出演交渉をした」とキャスティングの経緯を明かした。寺島は盲目の少女を演じ、「目が見えない役なので視点を一定にしておかないといけなかったけど、目の動きは表現するのに重要で、それが使えないというのは初めての体験。それ以外で表現しなければいけなかったのは難しかった」と新境地に挑んだ。

最後に寺島は客席を見渡すと、「今日は外で砂がすごくて映画を見に来てくれる人がいるのかなと心配だったけど、初日でもないのにこんなに来ていただき安心した。この映画は監督をはじめ、スタッフ・キャストみんなが、映画が大好きで作った作品。こうして見にきてくださった方々も含め、お客さんがいるからこそ成り立つ。感謝の気持ちでいっぱい」と一礼した。

私の叔父さん[DVD] 私の叔父さん[DVD] 最安価格: ¥4,104 直木賞受賞短篇集『恋文・私の叔父さん』所収、珠玉の名作が映画化!出演:寺島咲
インターミッション[DVD] インターミッション[DVD] 最安価格: ¥1,642 四半世紀にわたって映画ファンをうならせてきた異色の映画館「銀座シネパトス」を舞台に、映画を愛する豪華キャスト、スタッフが結集し、制作された奇跡の映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi