新旧ボンド吹き替え声優が再結集 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月9日 > 新旧ボンド吹き替え声優が再結集
メニュー

新旧ボンド吹き替え声優が再結集

2013年3月9日 15:30

吹き替えに臨んだ藤真秀、武田華、江原正士「007 慰めの報酬」

吹き替えに臨んだ藤真秀、武田華、江原正士
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画「007 慰めの報酬」の新たな日本語吹き替え版の収録が3月9日、都内のスタジオで行われ、ボンド役の藤真秀武田華江原正士という豪華声優陣が顔をそろえた。

昨年「007」シリーズは誕生50周年を迎え、過去シリーズ22作品のテレビ放送用の日本語吹き替え版を収めたDVD-BOXを、4分割し順次発売するという企画が進行中。5月8日には最終巻となる第四期DVD-BOXが発売される。「慰めの報酬」は、昨年12月にTBSで地上波放送されたが、この放送で使用された吹き替え版はすでに発売されている同作単品DVDに収録されたもの。今回、継続性を重視し、ダニエル・クレイグ版ボンドのデビュー作となる「カジノ・ロワイヤル」のテレビ放送時の声優陣が再結集。新たに収録が行われることになった。

藤は、「カジノ・ロワイヤル」のテレビ放送時、オーディションでボンド役を勝ち取ったが「当時はすごく緊張したことを覚えています」と述懐。「まだ吹き替えの世界に入って日が経っていない頃で、いろんな方に覚えていただき仕事も増えました」と飛躍のきっかけになったことを明かし、強い思い入れをうかがわせた。

ショーン・コネリーの頃から「007」のファンだったという江原は、本作でマチュー・アマルリック演じる敵のボスであるグリーンの声を担当。「だいたいが敵役は強そうなんですが、今回のグリーンはこれまでで最も華奢で印象が薄い(苦笑)。気持ち悪い感じで役作りをしています」と語る。ちなみに、江原は5代目ボンドのピアース・ブロスナン出演の「トゥモロー・ネバー・ダイ」でボンドの声を担当しており、新旧のボンド声優が本作では敵味方に分かれて戦うことに。“新旧ボンド”共演について、「ダニエル・クレイグのシリーズからかなり強いハードボイルドになっている」とボンドの変化を分析し、「期待しています!」と藤にエールを送った。

この日、収録された「慰めの報酬」を含む6作の吹き替え版を収めた「007」TV放送吹き替え初収録特別版DVD-BOX(第四期)は、5月8日発売。

007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】[DVD] 007/慰めの報酬【TV放送吹替キャスト・新録版】[DVD] 最安価格: ¥1,642 イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズの第22作目!
007/慰めの報酬[DVD] 007/慰めの報酬[DVD] 最安価格: ¥922 イギリス情報局秘密情報部に所属するジェームズ・ボンドの活躍を描いたスパイ・アクション「007」シリーズの第22作目!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi