アグネス・チャン、児童兵士の現状に涙「ゼロになる日を夢見ている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月9日 > アグネス・チャン、児童兵士の現状に涙「ゼロになる日を夢見ている」
メニュー

アグネス・チャン、児童兵士の現状に涙「ゼロになる日を夢見ている」

2013年3月9日 22:45

舞台挨拶に立ったアグネス・チャン「魔女と呼ばれた少女」

舞台挨拶に立ったアグネス・チャン
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第85回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされた「魔女と呼ばれた少女」が3月9日、東京・シネマート新宿で封切られ、タレントで日本ユニセフ協会大使のアグネス・チャンが上映後にトークショーを行った。

紛争の絶えないコンゴ民主共和国を舞台に、児童兵士として生きる道を強いられた少女の逃避行を描く本作。アグネスは1998年の大使就任以来、アフリカ諸国を視察し、児童兵士の悲惨な現状を何度も目にしたといい「戦争に子どもを駆り出すことは、決して許されないこと。いつか児童兵士がゼロになる日を夢見ている」と涙を浮かべていた。

平和な村から拉致され、反政府軍の兵士としてゲリラ戦を生き延びた少女コモナは、「亡霊を見る能力が勝利を招く」と魔女として崇められるが、いずれ殺される運命を悟り、最愛の少年と逃避行に出る。メガホンをとるのは、カナダの新鋭キム・グエン監督。現地のストリートで見出された主演女優ラシェル・ムワンザが、第62回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(女優賞)を受賞しており、アグネスも「彼女の自然な演技に感動した」と語っていた。

99年に南スーダンを訪問したアグネスは、帯同した現地通訳が元児童兵士だったと振り返り「彼は、他の子どもたちと一緒に地雷をばらす(撤去する)仕事をさせられたそう。毎日、子どもたちが地雷で死んでいき、大の親友も亡くしたと言っていた」と明かす。

また、8歳で反政府軍に志願した少年は、アグネスが抱きしめようとした際に「思わず私の体を避けたんです。兵士として育てられたから、他人のちょっとした動作にも反応してしまう」と今もショックがいえない様子。それでも「泣きながら、お母さんを探してほしいと訴えられたとき、初めて『この子も子どもなんだ』と思った」と涙し、「遠い国の出来事に思えるが、日本の皆さんにも決して忘れてほしくない。意識を高めれば、救える命も増えるはず」と訴えた。

カシム・ザ・ドリーム:松嶋×町山 未公開映画を観るTV[DVD] カシム・ザ・ドリーム:松嶋×町山 未公開映画を観るTV[DVD] 最安価格: - 6歳のときに誘拐され、ウガンダ国民抵抗軍の兵士として強制的に大量虐殺の訓練を受けた過去を持つ、IBFジュニア・ミドル級チャンピオンのカシム・オウマを追った感動のドキュメンタリー。
若き勇者たち[DVD] 若き勇者たち[DVD] 最安価格: - ジョン・ミリアス監督が贈る傑作アクション。パトリック・スウェイジ、C・トーマス・ハウエル、チャーリー・シーンら後の主演級俳優たちが競演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi