佐藤健「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演!ヒロインは17歳・現役女子高生が大抜てき : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月7日 > 佐藤健「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演!ヒロインは17歳・現役女子高生が大抜てき
メニュー

佐藤健「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演!ヒロインは17歳・現役女子高生が大抜てき

2013年3月7日 05:00

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演する佐藤健と ヒロイン・リコ役に大抜てきされた大原櫻子「カノジョは嘘を愛しすぎてる」

「カノジョは嘘を愛しすぎてる」に主演する佐藤健と
ヒロイン・リコ役に大抜てきされた大原櫻子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の佐藤健が、青木琴美氏の人気少女漫画を映画化する「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(小泉徳宏監督)に主演し、25歳の天才サウンドクリエイター・小笠原秋を演じることがわかった。また、16歳のヒロイン・理子役には、約5000人が応募した「リコを探せ!オーディション」を勝ち抜いた17歳の現役女子高生、大原櫻子が選ばれた。

累計発行部数270万部を突破した原作は、音楽業界を舞台に孤高のサウンドクリエイター・小笠原秋と、才能を見出され劇的なデビューを飾る女子高生・小枝理子の恋愛を描く。その一方で、華やかに活躍するクリエイターたちが楽曲制作でどのように悩み、生み出していくのかという“ビジネス”としての側面に迫る内容が、人気を博している。

佐藤は、プライベートや堤幸彦監督作「BECK」でギターの演奏経験はあるが、今作ではベースの演奏と作曲シーンにも挑む。自らの役どころを「カリスマ性があり、特に何をするわけでなくても人から注目され愛されるキャラクター」と分析。クランクインに際し、「作曲シーンや楽器の演奏シーンは劇中で重要なので、リアルに見せられるように今から気合を入れて準備をしています。少女漫画ならではの胸キュンなストーリーと、本格的な音楽シーンを楽しんでいただきたいです」と強い意気込みをみせている。

ヒロイン・理子役に大抜てきされた大原は、元「東京事変」のベーシストで今作の音楽プロデューサーを務める亀田誠治、メガホンをとる小泉監督らが満場一致で選んだ逸材。演技経験はほとんどないながら、幼少期から習っていたクラシック音楽でつちかわれた圧倒的な歌唱力を誇る。佐藤は「初めてカノジョの歌声を聴いたとき、本当に素晴らしくて鳥肌が立った」といい、原作の青木氏も「オーディション途中、まだたくさんの候補者が残るなかで、初めて彼女の歌声を聴きました。その時から、彼女だと思っていました」と絶賛している。

シンデレラガールの大原は、高校の友人が「『カノ嘘』のヒロインが、さく(大原のあだ名)にぴったり!」と話していたのを偶然聞き、オーディションの存在を知ったという。合格の報せを受けたときは「『無』でした。その後、徐々に『友だちにきっかけをもらって受けたオーディションに受かった』というめぐり合わせに感謝しました」と述懐。だからこそ、「テレビで見るだけの人だった佐藤健さんが秋役で、ドキドキしています。カメラの前に立ったことがほとんどないので緊張しますが、私なりにはじけてフレッシュに頑張りたいです」と気合をみなぎらせている。

カノジョは嘘を愛しすぎてる」は、12月から全国で公開。

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン[Blu-ray/ブルーレイ] 劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,780 人気特撮ヒーロー「仮面ライダー電王」の劇場版のブルーレイディスク化。出演:佐藤健
るろうに剣心 Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] るろうに剣心 Blu-ray豪華版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,061 国内外で絶大な人気を誇る和月伸宏のコミック「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」を、『ROOKIES』シリーズの佐藤健主演で実写化した時代劇アクション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi