スパニッシュホラー「フリア」予告で描かれる、美少女がもたらす恐怖 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月6日 > スパニッシュホラー「フリア」予告で描かれる、美少女がもたらす恐怖
メニュー

スパニッシュホラー「フリア」予告で描かれる、美少女がもたらす恐怖

2013年3月6日 14:00

「フリア よみがえり少女」の一場面「フリア よみがえり少女」

「フリア よみがえり少女」の一場面
(C)2011 Oberon Cinematogràfica, S.A.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第62回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に正式出品された、スパニッシュサスペンスホラー「フリア よみがえり少女」が4月13日に公開されることになり、予告編が公開された。

第59回ベルリン国際映画祭で金熊賞を受賞した「悲しみのミルク」(2008/クラウディア・リョサ監督)の製作を担当した、アントニオ・チャバリアスの長編初監督作。チャバリアス監督は、ゴヤ賞最優秀脚色賞にノミネートされた「Volveras」(02)、「Las vidas de Celia」(06)などの映像作品を手がけているほか、1990年には映像制作会社オベロン・シネマトグラフィカを設立するなど、精力的に活動している。

本作では、「純真無垢(むく)な少女から邪悪さが生まれるのか」「汚れなき子どもを殺すことができるのか」「過去から逃れる方法はあるのか」「輪廻転生は本当にあるのか」という疑問から着想を得て、幼い少女がもたらす恐怖によって、精神が崩壊し狂気に駆り立てられていく大人の姿を描く。

子どもができずに悩んでいた小学校教師ダニエルは、幼少期の親友マリオと再会する。しかし、マリオは「娘フリアに会ってほしい。そうしたらすべてがわかる」という謎の言葉を残し、自殺してしまう。ダニエルは、妻ラウラの希望でフリアを預かることになるが、次第に過去の忌わしい記憶が呼び起こされていく。

予告編は、ファン・ディエゴ・ボト演じるダニエルが、少女フリアの何気ない仕草やすべてを見透かしたような視線に追い詰められていく様子を映し出す。初対面のダニエルに対して「あなたを知っている」とささやいたり、手首から血を流して絶命している父親とともに湯船につかりながら、無表情で呼びかけているフリアの姿に背筋が凍る。

フリア よみがえり少女」は、4月13日から全国で公開。

悲しみのミルク[DVD] 悲しみのミルク[DVD] 最安価格: ¥3,046 テロの恐怖と混乱が渦巻いた南米ペルーの歴史を背景に、ペルーに伝わる母親の体験した苦しみが母乳を通して子供に伝染する“恐乳病”をもとにし、一人の女性の運命を描いたドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi