【全米映画ランキング】ブライアン・シンガー監督「ジャックと天空の巨人」が首位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月5日 > 【全米映画ランキング】ブライアン・シンガー監督「ジャックと天空の巨人」が首位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】ブライアン・シンガー監督「ジャックと天空の巨人」が首位デビュー

2013年3月5日 19:00

1位に輝いた「ジャックと天空の巨人」「ジャックと天空の巨人」

1位に輝いた「ジャックと天空の巨人」
(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND LEGENDARY PICTURES FUNDING, LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、「ユージュアル・サスペクツ」「X-MEN」シリーズで知られるブライアン・シンガー監督の最新作「ジャックと天空の巨人」が約2800万ドルのオープニング興収で首位デビューを果たした。

同作はイギリスの童話「ジャックと豆の木」を基に、天空に住む巨人たちと地上に住む人間たちの戦いを描いた3Dアクションアドベンチャー超大作。当初、2012年6月公開予定だったが、諸事情により延期となったため、CGを含む特殊効果等の追加修正で製作費は1億8000万ドル~2億ドルに膨れあがったといわれており、首位デビューを果たしたが、製作・配給のワーナーからすると物足りないオープニング興収になってしまった。主演は「アバウト・ア・ボーイ」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のニコラス・ホルトと「アリス・イン・ワンダーランド」のエレノア・トムリンソン。共演にユアン・マクレガースタンリー・トゥッチビル・ナイイアン・マクシェーン

2位は前週首位の「Identity Thief」。公開4週目で1億ドルを突破し、13年公開作では初めての大台超え映画となった。

3位は初登場の「21 and Over」。翌日に大事な面接が控えていた学生チョンの21歳の誕生日(アメリカでの飲酒解禁日)を祝うために悪友2人が訪れたことから起こる騒動を描いたドタバタコメディ。
ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」の脚本を手がけたジョン・ルーカスの監督デビュー作だったが、大ヒットとはいかず、約900万ドルという寂しいオープニング興収となった。出演は「トワイライト」シリーズのジャスティン・チョンに、マイルズ・テラースカイラー・アスティン

また、10年公開され、首位デビューを飾ったモキュメンタリー・ホラー「ラスト・エクソシズム」の続編「The Last Exorcism Part II」は、オープニング興収約800万ドルの4位デビューとなった。

今週末は、全世界同時公開の3Dファンタジー超大作「オズ はじまりの戦い」(監督:サム・ライミ、主演:ジェームズ・フランコ)、トミー・リー・ジョーンズがマッカーサー元帥に扮した終戦直後の日本が舞台の歴史ドラマ「終戦のエンペラー」に、「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」のニールス・アルゼン・オプレブ監督のハリウッドデビュー作「Dead Man Down」(コリン・ファレルノオミ・ラパス主演)が公開となる。

【コレクターズ・シネマブック】X-MEN:ファースト・ジェネレー...[Blu-ray/ブルーレイ] 【コレクターズ・シネマブック】X-MEN:ファースト・ジェネレー...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - すべてはここから始まった―。X-MEN3部作の序章、すべての起源が明かされる!出演:ニコラス・ホルト
アリス・イン・ワンダーランド[DVD] アリス・イン・ワンダーランド[DVD] 最安価格: ¥1,080 鬼才ティム・バートン監督×ジョニー・デップ主演で贈る、究極のファンタジー・アドベンチャー!出演:エレノア・トムリンソン

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi