滝川クリステル、被災地から引き取った愛犬と同伴も尻もち! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年3月2日 > 滝川クリステル、被災地から引き取った愛犬と同伴も尻もち!
メニュー

滝川クリステル、被災地から引き取った愛犬と同伴も尻もち!

2013年3月2日 13:29

滝川クリステルと愛犬アリス「ひまわりと子犬の7日間」

滝川クリステルと愛犬アリス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] アナウンサーの滝川クリステルが3月2日、都内で行われた映画「ひまわりと子犬の7日間」のチャリティ試写会に、東日本大震災のシェルターから引き取った愛犬アリスとともに登壇。途中、壇上でアリスに引きずられて転倒してしまうハプニングもあった。

今作は、2007年に宮崎県の保健所で起きた実話を基に製作。引き取り手がいなければ殺処分されてしまう運命の母犬と子犬たちを救うために奔走する人々の姿を描く。この日の会場では、東日本大震災で被災した動物たちを救うための募金活動も行われ、平松恵美子監督、井上信治環境副大臣も交え全国で年間22万頭にも登る保護犬についてのトークセッションも行われた。

滝川は、以前から保護犬問題に積極的にかかわっており、「ニュースJAPAN」キャスター時代から番組で取り上げるなどしてきた。自身も保健所から保護犬を引き取ろうかと考えていた中で、東日本大震災が発生。福島県浪江町で、NPOによって保護されたラブラドールレトリーバーを引き取った。殺処分について、「もうそういう時代ではなくなってほしい。日本は先進国ですが、こうしたことについては未熟な部分があると思います。本当にそれが正しい選択なのか? 動物を飼うときも保健所や里親会から引き取るなど、いろんな選択肢があります。(映画が)お子さんが動物を飼いたいというときのヒントになれば」と訴える。

舞台挨拶には、劇中でひまわりを演じた柴犬のイチも登場したが、アリスが大興奮。滝川はアリスに引きずられて尻もちをついてしまうひと幕も。「せっかくいい話したのに……」と苦笑いを浮かべつつ、滝川は現在も被災地で保護された動物たちがたくさんいることに言及。「いつかこの子を連れて小学校なども訪れたい。最初はこの子もやせ細っていて、こんなに落ち着いた顔はしていなかったんです。小さい頃から飼うのとはまた違った格別な思いがあります。アリスを見て子どもたちが何かを感じてくれたら」と思いを語った。

ひまわりと子犬の7日間」は3月16日から公開。

母べえ 通常版[DVD] 母べえ 通常版[DVD] 最安価格: ¥2,873 野上照代原作「母べえ」を映画化!1940年の東京を舞台に、治安維持法で検挙されてしまった父を想い不安を募らせるも、周囲の人々の温かさに支えられながら懸命に生きる母の姿を描いた、山田洋次監督作品。脚本:平松恵美子
武士の一分[Blu-ray/ブルーレイ] 武士の一分[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,959 山田洋次監督の藤沢周平時代劇映画化三部作の最後を飾るヒューマンドラマ。脚本:平松恵美子

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi