来日したデンゼル・ワシントン、高級寿司に興味「すきやばし次郎に行きたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月20日 > 来日したデンゼル・ワシントン、高級寿司に興味「すきやばし次郎に行きたい」
メニュー

来日したデンゼル・ワシントン、高級寿司に興味「すきやばし次郎に行きたい」

2013年2月20日 12:49

来日したデンゼル・ワシントンとロバート・ゼメキス監督「フライト」

来日したデンゼル・ワシントンとロバート・ゼメキス監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]主演作「フライト」で第85回アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされている米俳優のデンゼル・ワシントンが2月20日、同作のメガホンをとるロバート・ゼメキス監督、プロデューサーのウォルター・F・パークスローリー・マクドナルド夫妻とともに都内で来日記者会見を行った。

ワシントンの公式来日は、「サブウェイ123 激突」(2009)のキャンペーン以来、約4年ぶり。授賞式を2月24日(現地時間)に控えるなか、「もしアカデミー賞を受賞したら、壇上で『ありがとう』と日本語で挨拶するよ」と親日家ぶりをアピールし、「ぜひ、次郎に行ってみたいんだ」とハリウッドセレブ御用達で、ドキュメンタリー映画「二郎は鮨の夢を見る」でも話題を集めた銀座の名店・すきやばし次郎に興味津々だった。

映画は奇跡的な緊急着陸によって旅客機墜落を防ぎ、ヒーローとなった機長のウィトカー(ワシントン)が、血液中から検出されたアルコールが原因で一転、犯罪者として裁かれる姿を描く。主演男優賞のほか、脚本賞にもノミネートされており、「脚本がすばらしかったから、即興やアドリブは必要なかった。演じながら、感情のジェットコースターに乗る感覚を味わった」(ワシントン)。ゼメキス監督とのタッグを「リラックスできる環境を作ってくれるから、不安を感じることなく、どんなことも試すことができた」と振り返ると、ゼメキス監督は「彼の選択は常に正しいから、私自身はあまり演出をしていない」とワシントンの演技を絶賛した。

ゼメキス監督にとっては、トム・ハンクス主演の「キャスト・アウェイ」以来12年ぶりに手がけた実写作品。最大の見せ場のひとつである“奇跡の背面飛行”について「ハードルが高く、時間もかかった。特殊効果チーム、CGアーティスト、スタントマンたちが一丸となって協力し、思いつくトリックすべてを駆使したんだ。実際に30人くらいを逆さまに撮影したこともあった」と舞台裏を明かしていた。

フライト」は3月1日から全国公開。

サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション[DVD] サブウェイ123 激突 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: - ニューヨーク地下鉄の列車がハイジャックされてしまう。ライダーと名乗る男の要求は1000万ドル。交渉相手にはただの地下鉄職員ガーバーを指名するのだが…。出演:デンゼル・ワシントン。
キャスト・アウェイ[DVD] キャスト・アウェイ[DVD] 最安価格: ¥991 ロバート・ゼメキス監督作品。絶海の孤島に漂着した青年が、生きるために壮絶なサバイバルを開始する姿を描くヒューマン・スペクタクル!飛行機事故で無人島に漂着した男が、過酷な環境と孤独の中で生き延び、無人島からの脱出を試みるが…。出演:トム・ハンクス

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi