「映画クレヨンしんちゃん」第21弾、主題歌はセカオワ新曲に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月18日 > 「映画クレヨンしんちゃん」第21弾、主題歌はセカオワ新曲に決定
メニュー

「映画クレヨンしんちゃん」第21弾、主題歌はセカオワ新曲に決定

2013年2月18日 17:00

「映画クレヨンしんちゃん」最新作の主題歌を担当する 「SEKAI NO OWARI」「RPG」

「映画クレヨンしんちゃん」最新作の主題歌を担当する
「SEKAI NO OWARI」
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK・2013
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気バンド「SEKAI NO OWARI」の新曲「RPG」が、長寿アニメの劇場版最新作「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」の主題歌に起用されたことがわかった。同バンドが映画主題歌を手がけるのは、今回が初となる。

SEKAI NO OWARIは、昨年リリースしたメジャーファーストアルバム「ENTERTAINMENT」が、第54回レコード大賞優秀アルバムを受賞。女優の宮崎あおいが、シングル「眠り姫」のミュージックビデオに出演したことでも話題を集めた。

今回、主題歌に決定した「RPG」は約10カ月ぶりとなる新曲で、映画のテーマと同じく「仲間」「冒険」を歌っている。「空は青く澄み渡り海を目指して歩く 怖いものなんてない僕らはもう一人じゃない」という歌詞は、「仲間とともに戦えるというのはこんなにも心強く、時にこんなにも寂しい思いをするのかと思いながら書きました」。メンバー4人は幼なじみ同士で、「しんちゃんは私たちの良き友達であり、ヒミツの悪い友達でもありました。今回は主題歌のお話を頂いて、今でも彼らの友達でいられたということを、心から嬉しく思っております」と感激のコメントを寄せている。

テレビ朝日の久智治プロデューサーは、バンドが持つファンタジックな世界観にひかれていたそうで「ある日、自宅でSEKAI NO OWARIさんの歌『スターライトパレード』を歌う、しんちゃんと同じ5歳の娘の歌声が。聞けば1度テレビで見ただけで覚えたとのこと。親と子の心を瞬時につかむ詩とメロディ。確信をもって主題歌をお願いしました」とオファーの経緯を説明。そして、「『映画クレヨンしんちゃん』第21作目の主題歌は、園児たちだけでなく、今を生きる人たちの冒険を後押ししてくれる曲」と期待を寄せている。

映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」は、臼井儀人氏の人気漫画をアニメ化した劇場版第21作。「映画 レイトン教授と永遠の歌姫」(2009)を手がけた橋本昌和監督がメガホンをとった。しんのすけたちカスカベ防衛隊が、さまざまな困難にぶつかりながらも、B級グルメの未来をかけた「伝説のソース」を守るため奮闘する。4月20日から全国で公開。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦[DVD] 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦[DVD] 最安価格: ¥3,693 劇場版「クレヨンしんちゃん」の第19弾!突如現れた国籍不明の少女レモンにアクション仮面からのメッセージを見せられたしんのすけは、レモンの指導のもと、スパイ訓練を開始する。果たして、しんのすけがスパイに選ばれた理由とはいったい!?原作:臼井儀人
映画 レイトン教授と永遠の歌姫 スタンダードエディション[DVD] 映画 レイトン教授と永遠の歌姫 スタンダードエディション[DVD] 最安価格: ¥2,313 アドベンチャーゲーム「レイトン教授」シリーズがアニメ映画化。ゲームでは描かれていない、シルクハットの英国紳士レイトン教授と自称一番弟子のルークが、壮大な冒険に初めて挑む。監督:橋本昌和

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi