マリオン・コティヤール、B・ジャコー監督「小間使の日記」に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月17日 > マリオン・コティヤール、B・ジャコー監督「小間使の日記」に主演
メニュー

マリオン・コティヤール、B・ジャコー監督「小間使の日記」に主演

2013年2月17日 08:00

マリオン・コティヤール「小間使の日記」

マリオン・コティヤール
写真:Tsuni/Gamma-USA/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「エディット・ピアフ 愛の讃歌」の仏女優マリオン・コティヤールが、仏作家オクターブ・ミルボーの小説「小間使の日記」の映画化企画に出演交渉中だと米バラエティ誌が報じた。

1900年に発表された「小間使の日記」は、20世紀初頭のフランスのブルジョワ階級の姿を、小間使いセレスティーヌの視点から描いた風刺小説。コティヤールがセレスティーヌを演じる。「小間使の日記」は過去に2度映画化されており、46年のジャン・ルノワール監督、ポーレット・ゴダード主演版と、64年のルイス・ブニュエル監督、ジャンヌ・モロー主演版がある。

本作はブノワ・ジャコー監督がメガホンをとり、14年3月のクランクインを予定。コティヤールの最新作「君と歩く世界」(ジャック・オーディアール監督)は、4月6日から日本公開される。

小間使の日記(1963)[DVD] 小間使の日記(1963)[DVD] 最安価格: ¥1,543 フランスの片田舎に屋敷を持つブルジョワ一家。パリからやって来た女中のセレスティーヌは、この家のモンテイユ老人のお世話係だ。さっそく老人に気にいられたセレスティーヌは、足フェチの彼に頼まれお気に入りの靴を履いてみせてあげるが…。若き日のジャンヌ・モローが主演した、ルイス・ブニュエル監督の作品。
エディット・ピアフ 愛の讃歌[Blu-ray/ブルーレイ] エディット・ピアフ 愛の讃歌[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 1915年、フランス・パリの貧困地区で生まれ育ったピアフ。彼女が20歳の時、パリの名門クラブのオーナーであったルイ・ルプレにその才能を見出され、クラブの舞台に立つことになる。殺人の容疑者、恋人の死など、数々の困難に直面しながらも次第に成功を収めていった彼女は、生涯を通じて歌うことは一度もやめなかった…。出演:マリオン・コティヤール

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi