エミール・ハーシュ、ドラマ版「俺たちに明日はない」でクライド役に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月15日 > エミール・ハーシュ、ドラマ版「俺たちに明日はない」でクライド役に
メニュー

エミール・ハーシュ、ドラマ版「俺たちに明日はない」でクライド役に

2013年2月15日 12:10

クライド役を演じるエミール・ハーシュ「俺たちに明日はない」

クライド役を演じるエミール・ハーシュ
Photo by Pascal Le Segretain/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エミール・ハーシュ(「イントゥ・ザ・ワイルド」)とホリデイ・グレインジャー(「ジェーン・エア」)が、米ライフタイム局とヒストリーチャンネルが共同制作する計4時間のミニシリーズ「ボニー&クライド(原題)」に主演することが分かった。米Deadlineによれば、ブルース・ベレスフォード(「小さな村の小さなダンサー」)が監督を務める。

アーサー・ペン監督、ウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイ主演の傑作「俺たちに明日はない」(1967)で知られる、大恐慌時代のアメリカに実在した男女2人組の銀行強盗ボニー・パーカーとクライド・バロウを描くもの。ハーシュがクライド役を演じ、以前マイリー・サイラスが候補に挙がっていたボニー役をグレインジャーが演じる。

また、ホリー・ハンターがボニーの母親エマ・パーカー役を、ウィリアム・ハートがテキサス州の警備隊員フランク・ハマー役を演じることが決定している。

俺たちに明日はない[DVD] 俺たちに明日はない[DVD] 最安価格: ¥927 大恐慌の30年代、テキサス州ダラスを中心として銀行強盗を繰り返し、派手に暴れ回るボニーとクライドの壮絶な青春を描いた、ニューシネマの先駆的作品。監督:アーサー・ペン、出演:ウォーレン・ベイティ、フェイ・ダナウェイ
イントゥ・ザ・ワイルド[DVD] イントゥ・ザ・ワイルド[DVD] 最安価格: - アトランタの大学を優秀な成績で卒業した22歳のクリスは、将来へ期待を寄せる家族も貯金も投げ打って、中古のダットサンで旅に出る。やがてその愛車さえも乗り捨て、アリゾナからカリフォルニア、サウスダコタへとたった一人で移動を続け、途中、忘れ難い出会いと別れを繰り返して行く。出演:エミール・ハーシュ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi