リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月15日 > リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定
メニュー

リドリー・スコット制作、ドラマ版「高い城の男」の脚本家が決定

2013年2月15日 19:00

フランク・スポットニッツ「ブレードランナー」

フランク・スポットニッツ
Photo by Bryan Bedder/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リドリー・スコット監督が制作総指揮を務めるテレビドラマ「The Man In the Hight Castle」の脚本家が決定したと、Deadlineが報じた。

同作は、フィリップ・K・ディックのSF小説「高い城の男」の映画化で、2010年に制作が発表されたものの、その後は目立った動きがなかった。当時は、イギリスの劇作家ハワード・ベントンが脚本を執筆し、BBCで放送されると報じられていたが、今回の発表では「X-ファイル」シリーズのフランク・スポットニッツが脚本と制作総指揮を務め、米SFドラマチャンネルSyfyで放送されることになったという。

制作は、ヘッドライン・ピクチャーズとスコット・フリー、ディックの権利管理団体であるエレクトリック・シェパードが手がける。なお「高い城の男」は、第二次世界大戦でドイツと日本が勝利を収めた世界を描く歴史改変SF小説で、1963年にヒューゴー賞を受賞している。

ちなみにスコット監督は、ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化「ブレードランナー」でメガホンをとった経験がある。

ブレードランナー ファイナル・カット[DVD] ブレードランナー ファイナル・カット[DVD] 最安価格: ¥1,030 2019年のロサンゼルスを舞台に、人間を殺したために解体処分が下された“レプリカント”と、それを追うレプリカント専門の賞金稼ぎ“ブレードランナー”を描くSF映画の金字塔的作品。製作25周年を記念し、リドリー・スコット監督自らが当時思い描いた世界を、未公開シーン等を追加した再編集バージョン。原作:フィリップ・K・ディック
X-ファイル:真実を求めて <ディレクターズ・カット>[DVD] X-ファイル:真実を求めて <ディレクターズ・カット>[DVD] 最安価格: ¥1,532 人気TVドラマシリーズ『X-ファイル』の劇場版第2弾!FBI捜査官が謎の失踪を遂げるという事件が発生。その居場所を透視できるという神父が現れ、彼が指摘した場所から切り落とされた人間の腕が発見される。しかし、その腕は失踪した捜査官のものではなかった…。脚本:フランク・スポットニッツ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi