ベルリン映画祭コンペ部門は混とん 全作品に受賞の可能性 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月15日 > ベルリン映画祭コンペ部門は混とん 全作品に受賞の可能性
メニュー

ベルリン映画祭コンペ部門は混とん 全作品に受賞の可能性

2013年2月15日 16:00

新作でコンペに参加したスティーブン・ソダーバーグ「ビフォア・ミッドナイト」

新作でコンペに参加したスティーブン・ソダーバーグ
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第63回ベルリン国際映画祭も終盤を迎え、ひと通り話題作が出そろった。コンペティションで最も評価が高いのは、チリ映画の「Gloria」。50代の離婚歴のある女性が、新しいパートナーを探して人生をやり直そうともがく姿を見守る。見終わった後に爽快感が残るような作品だが、金熊賞に適しているほど傑出しているかと問われれば、それほどでもない。ヒロイン役のポリーナ・ガルシアは女優賞の声もあるものの、見応えという点ではブリュノ・デュモン監督の「Camille Claudel 1915」に主演したジュリエット・ビノシュの方が強烈だろう。もっとも、こちらは独創的なモノローグスタイルが賛否を分ける形になった。

今回珍しくコンペに参加したスティーブン・ソダーバーグの「Side Effects」は、意欲的なサイコサスペンスだ。情緒不安定な若妻(ルーニー・マーラ)が、野心的な精神科医(ジュード・ロウ)の勧めで新薬を試すものの、ある日事件を起こしてしまう。果たしてそれは薬の影響なのか、あるいは隠された真相があるのか。ひねりの利いた筋立てと緊張感に、ヒッチコックの現代版という声も出た。

コンペではないが評価の高かったのは、リチャード・リンクレイターの「ビフォア・ミッドナイト」。「恋人までの距離(ディスタンス)」に始まる、イーサン・ホークジュリー・デルピーのコンビによる3作目である。前作「ビフォア・サンセット」で、パリで再会を果たした主人公のふたりは、今回パートナーになり、やや倦怠期を迎えているという設定。それだけに会話劇はより辛辣であけすけになり、幻想をかき立てるロマンティックな部分はない。それが辛いと感じるか面白いと思うかで、好みが分かれるところ。もっとも、脚本賞をあげたくなるほどに会話の応酬が絶妙である。

ベルリナーレ・スペシャルとして招待上映された山田洋次の「東京家族」も、観客の反応が良かった。小津安二郎の「東京物語」へのオマージュという点である程度下地があったのかもしれないが、繊細な人情ドラマは海外の観客にも十分伝わっている印象だった。

コンペでは、このあとカトリーヌ・ドヌーブ主演作とホン・サンスの新作が上映されて幕を閉じる。正直、いまだ決定打と言えるほど強烈な作品が出ていないだけに、最後に期待が掛かるところだ。(佐藤久理子)

フランドル[DVD] フランドル[DVD] 最安価格: ¥4,158 平和で美しい村・フランドル。デメステルはそこで牧場を営んでいた。幼馴染のバルブは奔放な少女。デメステルは彼女が好きだった。バルブはカフェで声を掛けてきた男ブロンデルと関係し子供を宿す。複雑な想いを断ち切るかのごとく、デメステルは戦場に行くことを決意する。監督・脚本:ブリュノ・デュモン
コンテイジョン[DVD] コンテイジョン[DVD] 最安価格: ¥991 謎のウイルス感染が発生し、驚異的なスピードで全世界へ広がっていった。米国疾病対策センターは危険を承知でドクターを感染地区へ送り込み、世界保健機関がウイルスの起源を突き止めようとする中、ある過激なジャーナリストの発言が人々の恐怖を煽り、社会は崩壊していく。監督:スティーブン・ソダーバーグ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi