巨大“脳”チョコに生田斗真ドン引き 「日本一グロテスクなバレンタイン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月14日 > 巨大“脳”チョコに生田斗真ドン引き 「日本一グロテスクなバレンタイン」
メニュー

巨大“脳”チョコに生田斗真ドン引き 「日本一グロテスクなバレンタイン」

2013年2月14日 17:00

“脳おチョコ”と瀧本智行監督「脳男」

“脳おチョコ”と瀧本智行監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の生田斗真が2月14日、都内で行われた主演映画「脳男」のヒット御礼舞台挨拶に瀧本智行監督とともに登壇。映画にちなみ脳の形の“脳おチョコ”が用意されたが、あまりの巨大さとリアルさに「日本で一番、グロテスクなバレンタインを過ごしています」とひきつった笑顔を浮かべていた。

江戸川乱歩賞」に満場一致で輝いた首藤瓜於氏の同名ミステリーを映画化。生まれつき感覚や感情を持たない青年、連続爆破テロ犯、警察の駆け引きと攻防がスリリングに描き出される。

拍手と歓声に迎えられた生田は、客席に向かって「ハッピーバレンタイン!」と笑顔で挨拶。2月9日に公開され、すでに観客動員30万人を突破したが「自分で言うのもなんですが、すごく高い評価をいただけてうれしいです。うちの家族も見てくれて『家族なのに感情移入してしまって(生田を見るのが)つらかった』と言ってくれました」と明かした。瀧本監督は、「下品なことをベラベラとしゃべるクマのぬいぐるみには負けましたが……」と興行ランキングで後塵を拝することになった「テッド」に触れ、「2位という素晴らしい滑り出しになりました」と観客への感謝の思いを伝えた。

生田は、この日のために1週間を費やして制作されたという直径80センチ、重さ約10キロの脳をかたどった巨大な“脳おチョコ”が運び込まれると絶句。脳のしわまで再現されたチョコを見つめ、「グロテスクだよ!」と悲鳴をあげていた。それでも、“頭頂部”をひとかじりし「思いのほかウマいです!」と語り、食べかけのチョコを前列に座る女性客にプレゼントするサービスまで行い、ファンを狂喜させていた。

魔王[DVD] 魔王[DVD] 最安価格: ¥15,802 どんな裁判でも依頼者を有利に持ち込む有能な弁護士・成瀬領は、弱者には無償で弁護を引き受け、“天使の弁護士”と呼ばれている。しかしこれは表の顔。彼の真の姿は、かけがえのない弟を11年前に殺した犯人を追い詰めることに人生のすべてをかけた“冷徹な復讐鬼=魔王”だった…。出演:生田斗真
イキガミ[DVD] イキガミ[DVD] 最安価格: ¥1,642 重厚なドラマを演じ切る若手実力派俳優が集結。衝撃の設定、誰もが共感できる感動のストーリー!監督、脚本:瀧本智行

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi