松田龍平、辞書編集者役で“言葉”に開眼「みんな用例採集しようよ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月13日 > 松田龍平、辞書編集者役で“言葉”に開眼「みんな用例採集しようよ」
メニュー

松田龍平、辞書編集者役で“言葉”に開眼「みんな用例採集しようよ」

2013年2月13日 22:15

新作を語った石井裕也監督と松田龍平「舟を編む」

新作を語った石井裕也監督と松田龍平
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2012年本屋大賞第1位の三浦しをん氏の小説を映画化した「舟を編む」の公開を記念し2月13日、主演の松田龍平石井裕也監督が、東京のアップルストア銀座主催の映画人をゲストに招くトークセッション「Meet the Filmmaker」に出席した。

松田演じる出版社営業部員・馬締(まじめ)光也が、新しい辞書「大渡海(だいとかい)」を編纂する辞書編集部に引き抜かれ、個性的な面々と辞書作りに没頭しながら、恋心を抱く林香具矢(宮崎あおい)に伝える“言葉”を見つけようとする姿を描く。

まほろ駅前多田便利軒」に続き、三浦氏原作の映画に挑んだ松田は、「主人公はコミュニケーションが苦手なのに辞書を作る。辞書を作りながら彼自身も成長していくというのが面白いと思った」と興味津々。また、「馬締は真面目に一生懸命なやつだけど、その熱が言葉に出ない分、他からにじみ出るものがないとなって思っていた。オダギリジョーさん演じる同僚が馬締と対照的な人だから、そのやりとりも楽しい。そうやって色々な人と向き合っていくことで、言葉や辞書とも向き合っていった」と役柄をつかんでいた。さらに、「当たり前のようにしゃべっている言葉でも、人によって見る角度が違うって面白い。中年の辞書の編集者が合コンに行って若い人たちの言葉を集めてくるシーンがあるけれど、そういう経験を探しにいくって特殊なことでなく誰にでも必要なこと。みんな用例採集しようよ」と語りかけた。

川の底からこんにちは」「ハラがコレなんで」などで注目を浴びた俊英・石井監督は、初の原作小説の映画化に挑み、「オリジナル脚本とそこまで変わりがなく、ネガティブな要素は一切なかった。自分が作り上げる世界観には限りがあるので、原作から面白さを取り入れられたっていうのはすごく楽しかった」と手応え。また、原作の印象は「押し付けがましくなく、良い距離感で描いているなと心に残った。何年かかるか分からない辞書作りという覚悟を決めて、人生に立ち向かっていく姿は自分にも重なるし、毎日コツコツ継続できる才能が僕にはないのであこがれや羨望もあった」と語った。

松田は石井監督との初タッグに、「石井さんはやりたいことやイメージがしっかりしているから、現場ではお互いのイメージする馬締をすり合わせていく作業。楽しくもあり大変でもあった。人ってやっぱり立体だし、その立体感みたいなものは石井さんのおかげで出た気がする。これまでこんなに監督と話すことはなかった」と全幅の信頼を寄せる。石井監督も、「プロデューサーから『2人で一発決めてこい!』って感じだったので、松田さんの意見もリスペクトしたし、2人で良い映画にしようという感じ。結論は映画に出ている気がする」と胸を張った。

舟を編む」は、4月13日から公開。

まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション[DVD] まほろ駅前多田便利軒 プレミアム・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,309 三浦しをんの直木賞受賞作『まほろ駅前多田便利軒』を瑛太&松田龍平主演で映画化!
川の底からこんにちは[DVD] 川の底からこんにちは[DVD] 最安価格: ¥4,104 ダラダラと“妥協”した日常を送っていた派遣OLの佐和子は、ある日突然、病に倒れた父親の代わりに実家のしじみ工場を継ぐことに…。監督、脚本:石井裕也

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi