生田斗真「脳男」初日に意欲新た「日本文化を支える人間になりたい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月9日 > 生田斗真「脳男」初日に意欲新た「日本文化を支える人間になりたい」
メニュー

生田斗真「脳男」初日に意欲新た「日本文化を支える人間になりたい」

2013年2月9日 11:52

「脳男」初日挨拶に登壇した(左から) 瀧本智行監督、二階堂ふみ、松雪泰子「脳男」

「脳男」初日挨拶に登壇した(左から)
瀧本智行監督、二階堂ふみ、松雪泰子
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 生田斗真の主演映画「脳男」が2月9日、全国302スクリーンで公開された。生田は、共演の松雪泰子江口洋介二階堂ふみ太田莉菜瀧本智行監督とともに東京・TOHOシネマズスカラ座で舞台挨拶に立った。

生田は、クランクインの半年前から厳しいトレーニングを重ねてきただけに「恥ずかしげもなく言わせていただくと、むちゃくちゃいい映画になったと思う。自信あります!」とニッコリ。瀧本監督は、「原作は2000年に発表されたのですが、その時点で映画化の話があった。構想10年と言いますが、まさにそうやって出来上がった映画」と封切りの喜びをかみ締めていた。

連続爆弾魔という役どころに扮した二階堂は、劇中で生田から首を絞められるシーンがあったという。生田は、「監督が『もっと絞めてください』と言うので、その通りやったら、ふみちゃんがバタッと落ちちゃって……。すごくトラウマになっています」と告白。一方の二階堂は、“病的に痩せて”という瀧本監督の要望に応えるために壮絶なダイエットに臨むなど、厳しい現場を経験した。それだけに、「『みんな死ね』と思って演じていました。首を絞められたときは、フワッといっちゃいました。未知なる体験でした」と独特の言い回しで場内の笑いを独り占めしていた。

この日は、生田と瀧本監督が舞台挨拶を10回敢行するそうで、生田は「こんな作品が日本でも作れるんだという証になったと思います」と客席に訴えた。さらに、「日本の映画だって、文化だって負けていない。素晴らしいんだぞということを伝えていきたい。日本の文化を支える人間になりたいと思います」と力強く語った。

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ DVD-BOX[DVD] 遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥16,457 将来への漠然とした夢と不安を持ちながらも変わらない平凡な毎日をもがきながら暮らす男女7人の若者たちのリアルな姿を描く群像ドラマ。出演:生田斗真
ランチの女王 DVD-BOX[DVD] ランチの女王 DVD-BOX[DVD] 最安価格: ¥19,046 下町で人気の洋食店「キッチンマカロニ」の男性陣とそこにやって来た美女が繰り広げる騒動を描いたホーム・ラブ・コメディ。出演:江口洋介

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi