第63回ベルリン映画祭開幕 ウォン・カーウァイ待望の新作に拍手喝さい : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月8日 > 第63回ベルリン映画祭開幕 ウォン・カーウァイ待望の新作に拍手喝さい
メニュー

第63回ベルリン映画祭開幕 ウォン・カーウァイ待望の新作に拍手喝さい

2013年2月8日 16:28

ウォン・カーウァイと「The Grandmaster」のキャスト陣ら「レ・ミゼラブル」

ウォン・カーウァイと「The Grandmaster」のキャスト陣ら
Photo by Franziska Krug/Getty Images for BMW
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第63回ベルリン国際映画祭が、2月7日(現地時間)に開幕した。審査員メンバー、ティム・ロビンススサンネ・ビアシリン・ネシャットらをまとめる団長はウォン・カーウァイ。「審査員のスピリットとして、映画を審査するという姿勢ではなく、その良さを味わうという姿勢で臨む。期間中さまざまな映画から、多いに感動とインスピレーションを受けたい」と語った。カーウァイは、待望の新作「The Grandmaster」がオープニング作品として上映され、ふたつの大役を果たすことになった。

トニー・レオンチャン・ツィイーチャン・チェンが共演した「The Grandmaster」は、マーシャル・アーツの伝説の達人であり、ブルース・リーの恩師としても有名になったイップマンの生涯を描く。振り付けを務めたのは、武術指導の大家ユエン・ウーピン。主要キャストは4年にわたり特訓を受けたというだけに、そのバトルシーンはマーシャル・アーツ映画としても見応えたっぷりのものになっている。

さらに、カーウァイ映画の特徴であるスタイリッシュで官能的な映像が加わり、梅林茂のリリカルな音楽とともに、魅力あふれる新たなMA映画の誕生となった。カーウァイ映画特有の時間軸をミックスした構成が、西洋の観客には多少わかりづらいという声も聞かれたが、オープニング上映では大きな拍手とスタンディングオベーションが沸き起こった。

今年のコンペティション参加作品は19本。スティーブン・ソダーバーグガス・バン・サントダニス・タノビッチホン・サンスら多彩で刺激的な顔ぶれが集まった。アウト・オブ・コンペには、ドリームワークスのアニメ「ザ・クルッズ(The Croods)」や「レ・ミゼラブル」、リチャード・リンクレイターの「ビフォア・サンライズ」「ビフォア・サンセット」の続編「ビフォア・ミッドナイト」、山田洋次の「東京家族」などの話題作。また併設のパノラマ部門には、ジョセフ・ゴードン=レビットやジェームズ・フランコの監督作も登場し、真冬のベルリンを熱くしそうだ。

コンペティションの結果は、16日夜の授賞式で発表になる。(佐藤久理子)

2046 スペシャル・エディション[DVD] 2046 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,102 2004年秋に劇場公開された「2046」をパッケージ化。ある小説家の男が描く近未来小説をベースにストーリーが展開する。アンドロイドと人間が“失われた愛”をもとめてミステリートレインに乗り込み、未知の場所「2046」を目指す様を描いた近未来ラブストーリー。監督:ウォン・カーウァイ、出演:トニー・レオン、チャン・ツィイー
ビフォア・サンセット[DVD] ビフォア・サンセット[DVD] 最安価格: ¥927 9年前、ウィーンで一夜だけを共に過ごした二人。半年後の再会を果たせないまま9年が経ち、ついにパリで再会した。しかし、二人が一緒に過ごせる時間は、ほんのわずかしかなかった…。前作「ビフォア・サンライズ」から9年経った二人の、再会から夕暮れまでの85分を描いた作品。監督:リチャード・リンクレータ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi