上戸彩、映画「おしん」で母親役 批判も覚悟の決意表明 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月5日 > 上戸彩、映画「おしん」で母親役 批判も覚悟の決意表明
メニュー

上戸彩、映画「おしん」で母親役 批判も覚悟の決意表明

2013年2月5日 15:24

上戸彩がおしんの母・谷村ふじに「おしん」

上戸彩がおしんの母・谷村ふじに
[拡大画像]

[映画.com ニュース]東映が配給を手がけ、冨樫森が監督を務める映画版「おしん」のキャスト発表会見が2月5日、都内で行われた。女優の上戸彩がおしんの母・谷村ふじを演じるほか、加賀屋の大奥様・くに役を泉ピン子が務める。また、主人公のおしん役にはオーディションで2471人の候補者から選ばれた子役・濱田ここねを起用。会見には上戸、泉、ここねちゃんをはじめ、冨樫監督、原作者の橋田壽賀子が出席し、意気込みを語った。

NHK朝の連続テレビ小説で平均視聴率52.6%を記録し、現在までに世界86の国と地域で放送された名作を映画化。1983年当時の脚本を原作に、主人公・おしんの少女時代に焦点を当てる。2月中旬に山形でクランクインし、庄内映画村、鶴岡市ほか県内でオールロケを敢行される。

上戸は本作への出演を熱望したといい「今はものすごいプレッシャー。きっと『まだ早い』とか『母親に見えない』と言われるのは目に見えているが、ピン子さんから『命をかければ大丈夫』とアドバイスをいただいた」と批判も覚悟の決意表明。一方、30年前におしんの母親を演じた泉は、思い入れの強い役柄を上戸に託すことになり「上戸さんが継いでくれるので、感無量です」と思いを語った。

主演に大抜てきされた“新星”ここねちゃんは、2004年3月31日生まれ、宮崎県出身。3歳から地元CMや舞台で活躍し、13年公開予定の映画「タイガーマスク」に出演。今回、「りんごのほっぺをした野生児。それにあふれる生命力」(冨樫監督)が決め手となり、本格的なデビュー作で大役を勝ち取り「一生懸命頑張ります」とかわいらしく挨拶した。泉は最終選考に立ち会ったといい「ほかの子たちは上手過ぎるの。綾子(小林綾子)も最初は上手じゃなかった」と語った。

冨樫監督は「座って温かいご飯が食べられることや、字を書く喜び。働いてお金を得られるといった、生きることの核心を描きたい。その意味では、時代物とは捉えていないし、ダイジェスト的なものにもしない。母と娘の関係を軸に、芯を通そうと思う」と意気込み。橋田は「こうして映画になるなんて、感無量。こういう日本人がいたんだと、今の人たちに伝われば」と感慨深げだった。

会見で発表されたキャスト陣は以下の通り。

濱田ここね(谷村おしん役)、上戸彩(谷村ふじ・おしんの母)、岸本加代子(つね・中川材木店の奉公人)、小林綾子(みの・加賀屋の若奥様)、乃木涼介(清太郎・加賀屋の主人)、吉村実子(谷村なか・おしんの祖母)、満島真之介(俊作・脱走兵)、ガッツ石松(松造・炭焼き老人)、泉ピン子(加賀屋の大奥様・くに)

おしん」は10月全国公開。

おしん 完全版 少女編[DVD] おしん 完全版 少女編[DVD] 最安価格: - 1983年~1984年NHKで放送された、橋田壽賀子脚本による戦前・戦中・戦後を力強く生きた女性の波乱の生涯を描いた名作ドラマ「おしん」をDVD化。今作では少女編として第1~36話収録。出演:小林綾子/泉ピン子
テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] テルマエ・ロマエ 通常盤[DVD] 最安価格: ¥3,201 古代ローマ帝国の設計技師(風呂専門)の男が浴場のアイデアに悩みまくった挙句、現代日本の銭湯にタイムスリップ!?出演:上戸彩

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi