ピース綾部“公開緊縛”に赤面「ただただ恥ずかしい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月2日 > ピース綾部“公開緊縛”に赤面「ただただ恥ずかしい」
メニュー

ピース綾部“公開緊縛”に赤面「ただただ恥ずかしい」

2013年2月2日 14:35

公開緊縛の“えじき”となった綾部祐二ほか、 竹中直人監督、平田薫ら「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」

公開緊縛の“えじき”となった綾部祐二ほか、
竹中直人監督、平田薫ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 竹中直人が7度目のメガホンをとった新作「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」の初日舞台挨拶が2月2日、東京・新宿バルト9で行われ、竹中監督をはじめ、主演の平田薫、共演するお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二津田寛治山内圭哉が登壇した。自らを縛り上げることで自己解放するヒロインの日常を描く本作。ヒロインの恋人役を演じた綾部は「芸人…いや、役者の綾部です」と誇らしげに挨拶したが、舞台挨拶の終盤には芸人らしく“公開緊縛”のえじきとなり、「ただただ恥ずかしい」と赤面していた。

新潮社主催の公募新人文学賞「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した、蛭田亜紗子の同名小説を映画化。竹中監督が出演せず、演出に徹した初めての作品で「自分が出ないのは楽でいいですよ。それにすばらしい役者さんがそろい、ずっと皆さんの芝居を見つめていられた。もう今後、出ないでやろうかなと思うほど(笑)」。また、監督として“官能作品”に初挑戦し「あくまで日常的なものとして撮ったつもり。すてきな青春映画に仕上がった」とアピールした。

ヒロインに抜てきされた平田は「自分で主演しながら、すごいタイトルだと思う。今日は勇気を出して映画館に駆けつけていただき、うれしいです」と挨拶。「私自身もこの役を通して、新しいことに挑戦できると感じた。自分で自分を縛る役柄なので、縄の練習が大変でしたけど……」と述懐した。綾部とのキスシーンについて「綾部さんはすごくソワソワしていたし、歯を磨くスピードがすごく早かった」と暴露すると、綾部は「だってキスシーンを撮影するっていうのに、弁当にギョーザが入っているんですもん(笑)」と苦笑いを浮かべていた。

山形スクリーム[DVD] 山形スクリーム[DVD] 最安価格: ¥3,629 竹中直人監督による山形発・絶叫エンタメムービー!都立紅女子高校歴史研究会の美香代、宙子、圭、胸恵は、顧問の勝先生と共に落ち武者の里として知られる山形県・御釈ヶ部村へ向かう。村ではちょうど落ち武者の眠る祠を倒すイベントの真っ最中だった。出演:竹中直人
うん、何?[DVD] うん、何?[DVD] 最安価格: ¥3,175 地元の完全バックアップの元、「RAILWAYS【レイルウェイズ】」の錦織良成監督が島根県3部作の第2弾として制作した感動の青春ミラクルストーリー。出演:平田薫

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi