台湾の歴史大作「セデック・バレ」GW公開決定&日本版ビジュアルお披露目 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月2日 > 台湾の歴史大作「セデック・バレ」GW公開決定&日本版ビジュアルお披露目
メニュー

台湾の歴史大作「セデック・バレ」GW公開決定&日本版ビジュアルお披露目

2013年2月2日 10:00

「セデック・バレ」日本版ビジュアル「海角七号 君想う、国境の南」

「セデック・バレ」日本版ビジュアル
(C)Copyright 2011 Central Motion Picture Corporation
& ARS Film Production ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第7回大阪アジアン映画祭で観客賞を受賞した、台湾の歴史大作「セデック・バレ」が、ゴールデンウィークに公開されることになり、日本版ビジュアルが公開された。

台湾で大ヒットを記録した「海角七号 君想う、国境の南」(2008)のウェイ・ダーション監督が、メガホンをとった今作。「レッドクリフ」シリーズのジョン・ウーを製作に迎え、種田陽平がプロダクションデザインを担当した。「第一部 太陽旗」「第二部 虹の橋」の2部構成で、1930年に日本統治下の台湾で発生した先住民・セデック族による霧社事件を描く。リン・チンタイ、ダーチン、ビビアン・スーに加え、安藤政信、木村佑一ら日本人俳優が参加している。祖母が原住民族出身であるスーが、製作費の不足を補うため個人出資を行ったことでも話題を集めた。

「第一部 太陽旗」は、苦しい生活を強いられてきたセデック族が、部族の誇りをかけ武装蜂起するまでにフォーカス。「第二部 虹の橋」では、憎しみや家族愛などの感情が交錯するなかで、セデック族を襲う悲劇を生々しく映し出す。

今作は、戦いの舞台となる台湾中部の霧社の村を、歴史考証に基づき再現。日本版ビジュアルは、奥深い森を背景にセデック族を率いたモーナ・ルダオが仁王立ち。生きるため戦うものが見せる、厳しい眼差(まなざ)しが強烈なインパクトを放つ。

「セデック・バレ」は、ゴールデンウィークに全国で公開。

海角七号 君想う、国境の南[DVD] 海角七号 君想う、国境の南[DVD] 最安価格: ¥3,045 台湾で社会現象を巻き起こした感動物語がDVDで登場!ままならない日常を不器用に過ごす主人公たちによって紡がれる微笑ましくもほろ苦い群像劇と、届けられることのなかったラブレターを巡る切ない恋物語を描く。監督・脚本:ウェイ・ダーション
レッドクリフ PartI&II スペシャル・ツインパック[DVD] レッドクリフ PartI&II スペシャル・ツインパック[DVD] 最安価格: ¥11,816 日本でも高い人気を誇る『三国志』を、ジョン・ウー監督が完全映画化した『レッドクリフ』2部作がセットになったツインパック!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi