寺山修司没後30年 ATGでの監督作3本が初ブルーレイ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月1日 > 寺山修司没後30年 ATGでの監督作3本が初ブルーレイ化
メニュー

寺山修司没後30年 ATGでの監督作3本が初ブルーレイ化

2013年2月1日 07:00

「書を捨てよ町へ出よう」「書を捨てよ町へ出よう」

「書を捨てよ町へ出よう」
(C)1971 テラヤマ・ワールド/ATG
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 詩人、演出家、写真家、映画監督など、幅広いジャンルで活躍し、マルチな才能を発揮するも1983年に47歳の若さで死去した寺山修司の没後30年に当たる今年、寺山がATGで撮りあげた長編デビュー作「書を捨てよ町へ出よう」(71)、「田園に死す」(74)、遺作「さらば箱舟」(84)の3作品を収めたブルーレイボックス「atg寺山修司ブルーレイBOX」が4月24日、キングレコードから発売される。

ATG(日本アート・シアター・ギルド)は60~80年代、非商業的な芸術的映画を製作・配給していた映画会社で、寺山のほか大島渚新藤兼人今村昌平市川崑森田芳光大林宣彦ら日本を代表する多くの監督がATGで意欲的に作品を発表し、当時の日本映画界に絶大な影響を与えていた。また、フェデリコ・フェリーニ、ジャン=リュック・ゴダール、イングマール・ベルイマン監督らの洋画も配給していた。これまで数々のATG作品が発売されているが、ブルーレイ化は史上初の試み。今回は3作品のオリジナルネガから23.98psfHDテレシネを新たに行い、最良のマスターを使用した。

寺山主宰のアングラ劇団「天井桟敷」による舞台を映像化、新宿でゲリラ撮影を行った「書を捨てよ町へ出よう」、青森・下北半島を舞台とした寺山の自伝的作品「田園に死す」、ガルシア・マルケス「百年の孤独」を寺山独自の解釈で映像化した「さらば箱舟」という今回発売される代表作3作をはじめ、寺山の映像作品は実験的な作風で知られ、国内外で現在もカルト的な人気を誇っている。

ブルーレイボックス発売以外に、演劇、展覧会、特集上映など様々な企画が開催される予定で、寺山修司没後30年の今年、様々な盛り上がりをみせていくことは間違いないだろう。

「atg寺山修司ブルーレイBOX」(1万5120円、DVD単品販売は3990円)は、4月24日発売。

田園に死す[DVD] 田園に死す[DVD] 最安価格: - 映画監督である現在の“私”は自分の少年時代の思い出を元に映画を作ろうとする…。懐かしくもまた忌まわしい少年時代の記憶を、絢爛たる映像で描いた寺山修司の映画作家としての代表作。
ボクサー[DVD] ボクサー[DVD] 最安価格: ¥3,402 寺山修司が友情と哀歓を織り交ぜてロマン豊かに描いた感動作。一人はかつて栄光の道を歩んだボクサーだが、今は落ちぶれたトレーナー。もう一人は陽の当る場所を求めて沖縄の貧家から出てきた新人ボクサー。現代の管理社会から疎外されたこの男二人が、手を取り合って這い上がる人間ドラマ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi