貫地谷しほり×堤監督「くちづけ」主題歌はアン・ルイスの名曲カバー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2013年2月1日 > 貫地谷しほり×堤監督「くちづけ」主題歌はアン・ルイスの名曲カバー
メニュー

貫地谷しほり×堤監督「くちづけ」主題歌はアン・ルイスの名曲カバー

2013年2月1日 20:00

「くちづけ」の一場面「くちづけ」

「くちづけ」の一場面
(C)2013「くちづけ」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 貫地谷しほりが初主演を果たした堤幸彦監督作「くちづけ」の主題歌が、シンガーソングライターの熊谷育美によるカバー曲「グッド・バイ・マイ・ラブ」に決定した。

オリジナル曲は、アン・ルイスが1974年に発表した「グッド・バイ・マイ・ラブ」。ルイスの透き通った歌声となかにし礼氏が手がけて歌詞が人気を博し、多くのアーティストにカバーされてきた。今回、「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル」「Kesennuma,Voices 東日本大震災復興特別企画~堤幸彦の記録~」に続き、堤監督と3度目のタッグとなる熊谷がカバーした。

オファーを受けた熊谷は、「堤監督の作品に出合うとき私の心は震えます。今回も素晴らしい作品へ思いを込めて、ただひたすら歌いました。つくり出した楽曲は、私から離れ監督の映像の中ですごいスピードで成長しひとり歩きします。この曲も……」と思いを込めた。

堤監督は、熊谷を「声に感情がある。初めて聞いたとき、3秒でその感情にノックアウトされた」と絶賛。そして「何作か続けてテーマソングをお願いしている。作品がその声の感情でぐいっと高いところに押し上げられる」とすっかり魅了されている様子。原作、脚本、出演と3役を兼ねた宅間孝行も、「飛行機のなかで聞いた『グッド・バイ・マイ・ラブ』にインスパイアされて、この物語をつくりました。詩の世界観が抜群に良く、この曲でなければ、まったく別の物語になっていた」と語っている。

原作は、「愛と誠」「花より男子」などを手がけた宅間が、劇団「東京セレソンデラックス」のために、実際にあった事件をもとに書き下ろした戯曲。堤監督のメガホンで、ふたりだけで生きてきた父娘をつなぐ愛をあたたかく映し出す。貫地谷が、7歳で心の成長が止まってしまった純粋無垢(むく)な娘マコという難役に挑む。竹中が、娘にひたむきな愛を注ぐ漫画家の愛情いっぽん、宅間がマコの心の壁を溶かすうーやんに扮する。ほかに平田満麻生祐未岡本麗田畑智子橋本愛ら実力派俳優が脇を固めている。

くちづけ」は、5月25日から全国で公開。

NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX-1(s...[Blu-ray/ブルーレイ] NHK大河ドラマ 龍馬伝 完全版 Blu-ray BOX-1(s...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥22,239 幕末史の奇跡と呼ばれた坂本龍馬の生涯を、幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎の視点で描いた時代劇。第1~13話を収録したBlu-ray BOX第1巻。出演:貫地谷しほり
劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 通常版[DVD] 劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル 通常版[DVD] 最安価格: ¥3,036 自称・売れっ子奇術師の山田奈緒子と、石頭の物理学教授・上田次郎のコンビが、怪しげな超常現象の謎を解き明かすミステリー『トリック』の劇場版シリーズ第3弾。監督:堤幸彦

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi